エンタメ

釣り系美女ユーチューバー「コブダイ捌きバスト揺れ」への“ケシカラン声”

 YouTubeには、顔出しNG艶系女性ユーチューバーといった人気ジャンルがある。豊かなバストを強調した艶っぽカメラアングルで、クッキング系、キャンプ系、ソロピアノ系など様々な系統が生み出されている。推定Gカップのバストを誇る、YouTubeチャンネル〈くまクッキング〉のくま子はそのパイオニア的存在。チャンネル登録者数23.5万人(4月27日朝現在、以下同じ)の人気ぶりである。

 そんな〈くまクッキング〉に似通った艶やか動画を投稿するYouTubeチャンネルの一つが〈マルコス 釣り名人への道〉。だが、このチャンネルの開設者・マルコスは顔出しNGではなく、アイドル顔負けの美貌がウリの釣り系ユーチューバーだ。そして、釣りあげた魚を捌く際、カメラアングルが推定バストEカップはあろうかというみごとなバスト揺れ多めの映像となったことから、〈ぷるんぷるん〉などバストにしか目がいかないといった視聴者のけしからんコメントを多数呼び込んだのだった。

 4月15日に〈釣れたこいつを食べちゃう。〉とタイトルした投稿回がそれで、マルコスがその細腕で釣り上げたのは、全長75cm、重さ8.5kgとなかなか大物のコブダイだったようだ。Tシャル越しにもわかるたわわな2つのふくらみは隠しようがなく、前出のコメントのほか、魚がコブダイだっただけに、〈コブが二つもすごいw〉〈そのコブ2ついただきたいであります!〉〈僕のコブみたいな残念なシンボルを差し出すので好きに遊んじゃってください 少々敏感です…照〉など、けしからんコメントが散見されたのだった。

 チャンネル登録者数は31.9万人と〈くまクッキング〉を凌ぐこのチャンネル。釣りの腕前もさることながら、マルコスの美貌、さらには2つのコブの“確かなふくらみ”をご確認いただく価値はありそう!?

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: エンタメ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
久々にタイ旅行に行ってみたら…酒も「連れ出し」もとんでもない値段に激変していた
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
桜井木穂「母から『あんた、その胸ならグラビアに行けるわよ』と言われた」
4
ぺこぱに太川陽介の旅番組ファンが激怒「伝統の名企画を2人が潰した」
5
小倉優子「早稲田大受験」密着番組がまさかの打ち切り!世間の関心と危ないモチベーション