スポーツ

日本名輪会・山口健治の「江戸“鷹の目”診断/「清水との黄金コンビ」松浦がダービー初V

【京王閣「日本選手権競輪」ヤマケンが注目する「決勝戦進出」有力候補12人】

◎松浦悠士/○郡司浩平/▲平原康多/△清水裕友/和田健太郎/守澤大志/山田英明/浅井康太/稲川翔/古性優作/新山響平/吉田拓矢

 ダービーは賞金が高く、2、3着でもSS班が見えてくることになる。今年はGWに行われるGIの最高峰「日本選手権競輪」(京王閣/5月4日【火】~9日【日】/通称ダービー)。中心はSS班の7人だが、まだ誰もここを勝っていない。GIの中では賞金も群を抜いて高く、決勝戦2、3着でも来年のトップ9が近づいてくるだけに、激戦が相次ぐ6日間になりそうだ。

 本命には松浦悠士を推す。多彩な戦いぶりに隙はなく、その自在な動きは鋭さを増すばかり。清水裕友との黄金コンビで日本一の称号を手にする。対抗は郡司浩平。みずから仕掛けなければいけない分、割り引いたが、南関の先行が勝ち上がるようなら番手まくりでGI連覇がある。あとは、平原康多の好位抜け出しと、清水のまくり一撃を警戒したい。

 守澤太志がSS班の自信と責任感で好走している。もともとレースはうまかったが、位置を主張できるようになり、ゴール前の差し脚にスゴみが加わってきた。全日本選抜3着の再現があってもおかしくない。劣勢の近畿勢では、古性優作が健闘している。松阪ウィナーズCは、まさに技ありの2着だった。勝負強さと展開の読みは名人級。大舞台を盛り上げる名脇役として注目したい。

 伏兵の1人目は鈴木庸之(新潟・92期)。昨年11月の競輪祭、1月には立川と大宮の両記念で決勝戦に乗ったように、2班では屈指の戦績を誇る。予選を突破し、関東の一員として戦う姿が見られそうだ。

 野口裕史(千葉・111期)が前走の西武園【1】【1】【1】【1】で記念初優勝を飾った。それも準決勝では平原を破ってのもの。体重100キロ前後の機動型で、スピードに乗れば止まらない。GI初登場の上田尭弥(熊本・113期)は、7月から待望の1班になる。3月大垣記念【1】【2】【2】【8】の準決勝では郡司にまくられたが、よく粘っていた。初日は1着で狙いたい。

 3日目の「ガールズケイリンコレクション」は、ここまで17連勝中で、6場所連続Vの児玉碧衣が断然の主役を務める。相手は○久米詩、▲荒牧聖未、△佐藤水菜の争いだろう。

山口健治(やまぐち・けんじ):1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
5
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ