芸能

テレビのオファーが激減した「傷モノ」土屋アンナの多難な前途

 今年8月、舞台「誓い~奇跡のシンガー~」の出演ドタキャン騒動から裁判沙汰にまで発展した土屋アンナ(29)。ここにきて、裁判の余波が理由で、徐々に暗雲が立ち込めているという。

 舞台の監督を務めていた甲斐智陽氏側が、土屋と所属事務所に対して、損害賠償3026万円を求める民事訴訟を起こしたのは9月のこと。10月7日には、第1回口頭弁論が開かれたものの、状況は土屋が不利だという。某大手広告代理店のキャスティング担当者が土屋の仕事量について苦言を呈す。

「CMオファーする際に、『かっこいい女性・ママ』のキャスティング候補の時は必ずアンナさんの名前は挙がっていましたね。でも最近は、『ドタキャン』、『裁判』のイメージが付いてしまっていて、スポンサーにお勧めしにくくなってしまいました。スポンサー側も傷モノ芸能人をわざわざ起用しないですよ。2クール先のお仕事は激減すると思いますね。裁判で勝てば悪いイメージの払拭は可能かと思いますが‥‥」

 アーティスト志向だった土屋もここにきて仕事を選ぶような状況ではないという。

 芸能プロ関係者は土屋の評判についてこう語った。

「8月に『いきなり!黄金伝説。』の無人島生活でバラエティ出演。以前なら絶対に引き受けない仕事を選んだのは、やはりアーティスト活動がうまくいかなくて、テレビにシフトせざるをえなくなったから。しかし、裁判でテレビのオファーも皆無。このままCMの契約まで更新されないとジリ貧状態になりかねない」

 人の噂は75日と言うが、果たして‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ