女子アナ

水卜麻美がリバウンド?「ニットが小さ過ぎ!」Gカップへのボリューム増

 日本テレビの水卜麻美アナのバストが、ますますスゴいことになっている。

 6月15日、水卜アナは自身がメイン司会を務める「ZIP!」に出演。そこでのバストの爆裂ぶりが、早朝から男性視聴者の下半身を刺激しまくったのだ。

「その日の水卜アナは、ベージュの七分丈ニットとグレーを基調としたロングスカートで登場。一見、地味に見える格好なのですが、ありえないほどにバストが強調されていたんです。カメラが原稿を読む彼女を横から捉えた場面ではそのラインがクッキリとあらわになり、推定Eカップと思われていたバストはGカップは軽く超えているようにも見えました。いったい何があったのか(笑)」(女子アナウオッチャー)

 ネット上もそんな水卜アナのバストにザワつきまくり、《これは朝から刺激が強すぎる。いったいどうなってるんだ?》《ニットが小さすぎるんじゃないか。いずれにしてもコレは水卜アナの本気バストか》《胸を張るとますますヤバい。ここまで来ると重そうだよね》といった声が上がっていた。

「指摘されている通りこの日のニットは若干サイズ合っていないようにも見え、それがたまたまなのか、あえてなのかは分かりません(笑)。また、彼女は『ZIP!』のメインを3月末から任せられていますが、約3カ月が経とうとしている今も視聴率は好調で、ひと安心といったところ。そのため当初は極度の緊張感からか“痩せた”と言われていたものの、今はもともとの“大食い”が復活した影響がボディに出ているのかもしれませんね」(前出・女子アナウオッチャー)

 バストのリバウンドなら、嬉しい限り。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
きゃりーぱみゅぱみゅ、ファンも騒然「顔変化」に飛び交う憶測