スポーツ

白鵬・ライブ相撲マンガ、「モンゴルでは神様」の魚と鮨屋で“勝負”!

 大揺れの相撲界である。去る6月11日に日本相撲協会は、新型コロナウイルス感染対策のガイドラインに違反したとして、大関・朝乃山(27)=高砂部屋=に、6場所出場停止と6カ月の報酬減額50%の処分を下した。厳罰である。復帰は来年7月の名古屋場所。番付は三段目まで降下することになり、出直しを余儀なくされる。提出した引退届は八角理事長預かりとなり、協会に迷惑をかけたと判断された瞬間に引退届が受理されるという針のムシロ。女性が接客するクラブ系飲食店通いはあまりにも高くついた形だ。横綱候補だった大器だけに“出直し”による相撲界の損失は計り知れない。残念というほかない大関の不始末である。

 さて、白鵬である。7月4日に初日を迎える七月場所(名古屋場所)に向けて、復活を期す日々。図らずも自身の進退をかける場所がモンゴルの後輩・照ノ富士が綱取りに挑む場所となった。大きく高い壁となり、立ちはだかるのか? はたまた、世代交代のドラマの幕が切って落とされるのか? 運命の七月場所が近づいている。

 一方、15歳のダヴァ少年(白鵬)の物語に目を移せば、2001年三月場所の新弟子検査をクリアするための「食っちゃ寝」生活が続く日々であった。そんなある日、宮城野親方から鮨屋に連れ出されることに。ところがモンゴル人にとって「魚は神様」。「目が開いたままの魚は頭が良くて神聖なる生き物と考えられている」というのだ─。

 ライブ相撲マンガ「白鵬本紀」第8番「神様を戴く」は、6月22日発売の「週刊アサヒ芸能」7月1日号に掲載。果たして、少年ダヴァは、“神様”を無事食すことはできるのか?この勝負の行方は?はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋
3
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
4
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?
5
ドン引き!「坂上忍に2歳長男を預ける」華原朋美の「超前のめり」な主張