芸能

千鳥・大悟が新じゃんけん提唱!「最初はグー」の志村けんさんも天国で喜ぶ?

 お笑いコンビ千鳥の大悟が6月18日放送の「人志松本の酒のツマミになる話」(フジテレビ系)で新たなじゃんけんのやり方を提唱し、「これは便利」「新しい」と絶賛の声が上がっている。

 大悟は大人数でじゃんけんすると勝者の1人がなかなか決まらないと問題提起。そこでみずからが考え出した新しいじゃんけんを提案した。

 大悟の新じゃんけんは“手の甲”の側と“手のひら”の側も使うもので、“甲”を上にしたグー・チョキ・パー、“ひら”を上に向けたグー・チョキ・パーと6つの手がある。大悟はこれを「表裏じゃんけん」と命名。勝負は“甲”を出した人たちと“ひら”を出した人たちで別々に決定。早ければ1回で2人の勝者が決まり、次はその2人で優勝決定戦を行い、計2回のじゃんけんで優勝者が決まるという。千鳥と松本人志ら7人で実際に試してみると、1回で2人に絞ることができた。

「極めて画期的なじゃんけんだと思います。松本人志が『今回は説明が必要だったけど、これが当たり前になれば』と話したように、一般的になれば多人数じゃんけんが一気に短縮できますね」(芸能ライター)

 大悟はさらにより進んだ表裏じゃんけんも提案。それはみんながどうしても勝ちたい時だけ使える方法で、“甲”と“ひら”で優劣をつけるのだという。例として手の甲のほうが強いとし、“甲”を出したグループの勝敗が一発で決まったらその人の勝ち。手のひらを出したグループの結果に関係なく勝者になる。もし“甲”のグループがあいこになったら、“ひら”のグループに勝者の権利が移る。甲は競争率が高いのがネック。こうなるとただの運ではなく、高度な心理戦になる。

 実際に試してみると松本以外の6人が“甲”を出してあいことなった。手のひらを出したのが1人の場合は想定しておらず、勝敗は決まらなかった。

「優劣をつけた表裏じゃんけんはまだ一考の余地ありですが、ただの表裏じゃんけんならメジャーになる可能性はありそう。大悟は番組でじゃんけんをする時、『最初はグー』と掛け声をかけていましたが、発案したのが志村けんさんであるのは有名。もし表裏じゃんけんがメジャーになれば、志村さんとともにじゃんけんの伝説的存在になることでしょう。大悟を寵愛した志村さんもそうなれば天国で喜ぶのではないでしょうか」(前出・芸能ライター)

 表裏じゃんけんがメジャーになる日は、案外近いかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
4
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ
5
きゃりーぱみゅぱみゅ、ファンも騒然「顔変化」に飛び交う憶測