女子アナ

テレ朝も不安になる?森川夕貴の“どんどん大きくなる”バストアピール

 テレビ朝日の森川夕貴アナの「バストの行方」が女子アナファンに注目されている。

 6月10日、森川アナはメインキャスターを務める「報道ステーション」に出演。その際の衣装が“イヤラしすぎる”と男性視聴者をザワつかせた。

「森川アナは七分丈の袖がフレア調の独特の形をしたグレーのブラウス姿で登場したのですが、そのブラウスの胸回りは生地が薄いうえにピッタリと肌に張り付き、バストのラインがくっきり。前に張り出すばかりではなく、両胸の膨らみがそれぞれかなりの横幅であることもわかり、“たわわ”を絵に描いたような形が浮き出ていましたね。番組の最初と最後におじぎをした時は、同時に重力に逆らえないとばかりにバストまで“おじぎ”をする様子もうかがえ、ボリューム感が十分に伝わってきました」(女子アナウオッチャー)

 森川アナが豊かな胸の持ち主であることは有名。かねてよりニット着用の際はバストの存在感を見せつけ、推定Dカップとも言われていた。

「10日の放送を見る限り、F~Gカップはあると思われ、柔らかさも増していそう(笑)。ここへ来てのバスト成長は、4月に一般男性との結婚の予定を発表したことから私生活の充実ぶりのあらわれとも言われていますが、彼女の場合は今、仕事のほうも充実している。『報ステ』が安定した視聴率を得ているのも彼女の貢献が大きいとも言われ、関係者からは“結婚を区切りにフリー転身”を恐れているとの話も聞こえてきます。テレ朝としては、彼女の大きくなり続けるバストが男性視聴者をひきつけるうえで心強くもあるようですが、反面、“アピールしすぎ”に不安も覚えているようですね」(芸能ライター)

 我々にとってはありがたい!

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
Tシャツをズボンに入れると…永野芽郁の「バスト突出」「透け肌着」大サービスのロケ現場
5
「ちむどんどん」よりも人気…96年朝ドラ「ひまわり」再放送の松嶋菜々子がすごい!