芸能

藤本敏史に視聴者大ブーイング!「テレ東旅番組史上最悪の旅人」と批判続出

 FUJIWARAの藤本敏史が6月19日の「土曜スペシャル」(テレビ東京系)で放送された「鉄道沿線ひたすら歩き旅 第10弾 川越~秩父・三峰口」に出演したが、“上から目線の尊大な態度だ”と批判の声が上がっている。

 このシリーズは、鉄道の路線沿いにひたすら歩いていくルールで、3日間で100kmを歩く厳しい旅になることもある。フジモンは初日と2日目を担当。すると、初日から不満を連発したのだ。

 福澤朗がルート選択をミスして少し遠回りをしただけで「ムダですわ」「意味なかったなぁ」と文句ばかり。行き止まりだとわかると「できたら間違えてほしくない」と不満を漏らした。間違えると「メンタルちょっとやられるんですよ」と一方的に訴えた。

 道中、薪ストーブのお店を発見。珍しいとお店に入り、説明を受けたが居眠りしてしまう失態も見せている。

「テレ東の旅番組はお笑い芸人が出演し、“クズ言動”をすることがよくあります。それがおもしろさにつながるんですが、フジモンの場合はただ不満を言っているだけで、“あまりおもしろくないどころか不快”という声も少なくありません」(テレビ誌ライター)

 視聴者だけでなく、AKB48の入山杏奈からも文句が飛び出した。入山が土踏まずが痛くなってきたと話すと、藤本は足裏マッサージが得意だとアピール。入山から「気持ち悪い」「嫌だ」と露骨に拒否された。

「東松山駅から森林公園駅まで人気の少ない所を暗くなってから歩いていた時のこと。まるで心霊スポットのような場所で映像からも怖さが感じられました。するとフジモンが『さっきから石が飛んでくる』と主張。確かに何かが飛んでいました。福澤は虫だと断定していましたが、あれはいったい何なのか。霊からも拒絶反応が発しているのではないかと笑ってしまいましたよ(笑)。もちろん番組をもりあげようとして、自分の役回りを演じている面もあるのだとは思いますが…」(前出・テレビ誌ライター)

“各方面”から「大ブーイングを受けた」形の藤本敏史。次の出演はあるか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
3
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
ロシア軍「超残虐行為」継続の裏に「殺戮マシーン」養成システム