スポーツ

白鵬・ライブ相撲マンガ、大阪・ミナミのクラブで「四股名」が決まった!?

 大相撲七月場所が迫ってきた。名古屋・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で、7月4日(日)~18日(日)の開催である。白鵬にとっては、進退をかける運命の場所。相撲ファンのみならず、注目を集めることは間違いない。第69代横綱となって14年。幕内優勝44回を数える大横綱は、「七月場所は45回目の優勝を目標に頑張りたいと思います」と静かに決意を語るのみ。「進むのか、退くのか、はたまた止まるのか」。片時も目が離せない七月場所が初日を迎える。

 さて、「週刊アサヒ芸能」で、絶好調連載驀進中の「白鵬本紀」は、第9番。2001年3月。新弟子検査に合格したダヴァ(白鵬)は、いよいよ力士としての苦難の道を歩み始める。初稽古の日、立ちはだかったのは兄弟子、荒若。体重185kgの巨漢力士だ。

「モンゴルちゃん、カモーン!」「ホラァ、ぼくちゃん、どうした」「押すんだよ!」と、いいようにあしらわれ、白鵬によれば、「押そうが引こうがピクリとも動かない巨漢の兄弟子の前でこりゃあエライ所に来たなと本当に思いました」とのことである。

 そのダヴァの思いとは裏腹に、「ダヴァの四股名を考えてやらないと…」と宮城野親方。三月大阪場所の夜。舞台は宗右衛門町のとあるクラブ。今、明かされる四股名の驚きの由来とは…。ライブ相撲マンガ「白鵬本紀」第9番「白鵬誕生」は、6月29日発売の「週刊アサヒ芸能」7月8日号に掲載。はっけよい!!

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
3
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
ロシア軍「超残虐行為」継続の裏に「殺戮マシーン」養成システム