芸能

長澤まさみ「キャバレー経営」の“艶”野望をスッパ抜く!(1)「飲める餃子屋」も候補に挙がり

 映画にドラマに多忙を極める長澤まさみが、今度は「実業家に転身する」という情報が駆け巡っている。なんとキャバレー経営に並々ならぬ意欲を持っているというのだ。ダントツの人気を誇る大物女優の動向だけに熱視線が集まっている!

 女優や女性タレントの間で流行している「副業ブーム」を、芸能関係者がこう分析してみせる。

「かつては『副業』といえば、落ち目になった芸能人が、生活資金稼ぎのために開業するケースがほとんどでした。ところが最近では、自分の趣味やライフスタイルを実現するために始めている。例えば、MEGUMI(39)が金沢で開業した古民家カフェは地域の名店となり大繁盛。壇蜜(40)はプロレベルの分析による『駐車場経営』。井川遥(44)は商品企画からアパレル開発に取り組み、成功を収めていますよ」

 そうした中、「大本命」と言われ、同性のタレントたちが戦々恐々としているのが、長澤まさみ(34)の副業殴り込みだというのだ。芸能関係者が語る。

「プライベートでは、無類の酒好きで知られる長澤は、コロナ禍で飲みに行けないストレスの反動も手伝って、旧知の飲み友達らに『コロナが終息したら自分の店を出す』と語っているそうなんです。もちろん冗談ではなく完全に本気の様子で、こまめに好条件の物件をリサーチするほど、気合いを入れているようです」

 先頃、日曜劇場「ドラゴン桜」(TBS系)が終了したばかりで、中国の大ヒット・シリーズ映画「唐人街探偵 東京MISSION」が7月に公開されるのを皮切りに、9月には木村拓哉と共演した「マスカレード・ホテル」の続編でもある「マスカレード・ナイト」(東宝)に出演するなど、まさに引っ張りだこの状態である。

「実は彼女、今年は芸能生活20周年の記念イヤーで、以前から積極的に仕事を受けていたこともあって、ここにきて露出が増えているんですよ。8月には9年ぶりに写真集も出版。本人は、写真やビジュアルに一家言あるタイプなので、なかなかゴーサインが出なかった。それだけに、気合いの入った写真集になるともっぱらです」(テレビ局関係者)

 こんな超多忙な中、それでも副業に手を出す余裕があるものなのか。自分の店を持ちたいという夢に向かって邁進しているというが、構想はそれでも具体化しつつあるようなのだ。

「候補として挙がっているのは会員制バー、スナック、居酒屋、小料理屋など。自身の得意料理を生かした『飲める餃子屋』や『唐揚げダイニング』も考えているようですよ」(芸能関係者)

 中でも最有力候補として挙がっているのが「キャバレー」だというのだから、周囲も驚きを隠さない。芸能関係者が続ける。

「長澤本人は、ギラギラのネオンの下、ショーを行うステージを設置した“昭和感丸出し”のキャバレーを経営したがっている。近頃では親しい飲食関係者に『キャバレーを作るにはどうしたらいいか』と相談しているとの情報も、漏れ聞こえるほどなんです」

 長澤とキャバレー。まったく接点を見出せないが、実は、彼女がキャバレーに憧れる理由があったのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは