芸能

本田翼、年下研修医との熱愛も影響?主演ドラマに出た辛辣声と“大爆死”惨状

 女優・本田翼主演のスペシャルドラマ「嘘から始まる恋」(日本テレビ系)が6月27日に放送され、平均世帯視聴率が4.3%(関東地区)、個人視聴率は2.3%と惨敗に終わった。

 同ドラマは、本田の他に町田啓太、山本舞香、神尾楓珠らが出演する男女4人のラブコメディー。現在、15本のCMに起用されるなど人気絶好調の本田が主演するとあって、放送前から大きな期待が集まっていたが、フタを開けてみれば“大爆死”。制作関係者からは悲鳴が上がっているという。

「25日発売の写真週刊誌が本田と年下研修医との交際を報じたこともあり、この日のドラマにも注目が集まっていましたが、想像以上に悲惨な結果になってしまいましたね。正直、本田の演技は相当に残念なもので、あまりの“棒演技”にチャンネルを替えてしまった人も多かったようです。15~30秒と短時間のCMはごまかせても、さすがにドラマはごまかしきれない。ゲーム配信などでオタクの心をガッチリと掴んでいる本田ですが、恋人がいたことをおくびにも出さなかったことにガッカリしているファンも大勢います。このドラマが“終わりの始まり”にならなければいいのですが…」(エンタメ誌ライター)

 ネット上でも「CMもドラマも同じような演技しかできない…何でこんなにテレビに出ているのかさっぱり分からん」「本田翼さすがの棒演技。早口でまくし立てるような喋り方すると、何を言ってるの聞き取れない」「ばっさーはもはやCMで踊っているくらいがちょうどいい。女優を名乗らずCMタレントでお願いします」「本田翼は主役をやるような器ではないのでは。確かに人気はあるけどそれは女優としてではない」などと酷評が飛び交っている。

 7月1日に発表された「2021上半期タレントCM起用社数ランキング」では、15社のCMに起用され、見事1位に輝いた本田。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いといっていいが、女優を名乗る以上、さらなる演技力を身につけないと、あっという間に栄冠から滑り落ちるのは明らか。いずれにせよ、年下研修医との熱愛報道はプラス方向へは働かなかったようだ。ここは「奮起」と巻き返しを期待したいところである。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…