事件

滋賀中三美少女が「自殺生中継」した戦慄の3分!(3)

 A子さんと同級生の別の少女が明かす。

「自殺後にわかったんですけど、A子は同級生には内緒でネット上で活動していたみたいなんです。学生たちの間では今、彼女の動画も出回っています」

 そう言って見せてもらったのが、自殺の実況中継とはまったく違う無邪気なA子さんの姿だった。女優の榮倉奈々に似た美少女のA子さんが、白いセパレートの水着を着たまま、芦田愛菜の主演ドラマ「マルモのおきて」(フジテレビ系)ではやった「マルモリダンス」を満面の笑みで踊っていたのだ。

 少女がポツリとつぶやいた。

「A子はこんなふうに笑ったり、踊ったりするんですね‥‥」

 だが、ネット上には、彼女の情緒不安定ぶりをつづった“痕跡”が遺されていた。死の1週間前のことだ。社会部記者が語る。

「彼女は、ネット掲示板『2ちゃんねる』に、〈自殺配信がしたい。私はそういうのにあこがれていました。いっそ死んじゃったらみんなびっくりするんだろうなぁ。階段の踊り場があります。踊り場には柵がついていません。下はコンクリートなので頭を打ったら痛々しいなぁ。自殺配信いきなりやったら伝説だ〉などと、自殺予告とも言える書き込みをしていました。誤字脱字が目立ち、精神の不安定さを感じさせました」

 それにしても不可解な自殺直前の文章だが、少女の自殺には、ネット時代特有の事情も考えられるという。

「町沢メンタルクリニック」の院長で精神科医の町沢静夫氏はこう分析する。

「ネットやスマートフォンの普及で気軽に動画がアップできるようになり、若い世代ほど、人に“見られたい”願望が高まっています。死ぬ時ぐらい、『さようならの儀式』をして、盛大に自分のことをかまってほしいという気持ちの表れかもしれません。大きな悩みがなくても、『生きていることに意味がない』『自分は空気のような存在だ』と思い込んで、突発的に死を選択したがる若い世代が増えています。全て自分が中心で、残された親や友達がどう思うのかという想像力に欠けているのです」

 自殺が、美しく英雄的な行為であるはずがない。誰もが瞬時にスターになれるネットの世界が、少女の死を後押ししてしまったのだろうか。

カテゴリー: 事件   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
2
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
3
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
野村周平と共演NGに?市原隼人が松田翔太の結婚式でガチギレ!?