政治

高市早苗“次期総裁候補”が自ら吹聴していた「オトコ爆喰い履歴書」とは!?

 自民党総裁選の出馬表明というサプライズ発表をぶち上げ、永田町で渦中の人物になっているのは、当選8回の経歴を持つ高市早苗元総務相である。

 これにより「菅降ろし」の候補に加わった高市氏だが、決断までの舞台裏では安倍晋三前総理とのこんな“密談”があったという。

「93年初当選同期で仲が良いこともあり、高市氏は安倍前総理を高く評価。次の総裁選に出るように何度もプッシュしていたんです。ただ安倍前総理は『辞めたばかりですぐは無理』と頑なに拒否。それで『じゃあ、私が出る!』という流れになりました。それからは月刊誌で出馬表明するため、総理になった時にどんな国を目指すのか、用意周到に持論を準備して掲載したのです」(自民党関係者)

 9月19日に『美しく、強く、成長する国へ。─私の「日本経済強靱化計画」─』(ワック)の緊急出版も決定し、高市氏は日本初の女性総理に向けてヤル気を漲らせている。

 もちろん政策集の中身は気になるが、その前に国民が知っておきたい「幻」の本もあった。高市氏の初めての自伝的エッセイ「30歳のバースディ─その朝、おんなの何かが変わる」(大和出版)である。

 実は高市氏の公式ホームページにある「著書・共著・編著」欄ではなぜか紹介されていないエッセイだ。

 読み進めると、

〈この本には恋の話をいっぱい書くことにした〉

 と、宣言し、恋人との”ベッド事情”まで明かしている何ともアケスケに甘酸っぱい「オトコの履歴書」が展開されていくのだが…。高市氏の“幻のエッセイ”に綴られた自分にまっすぐ正直とも言える“男爆喰い”な素顔と総裁選の行方については、8月24日発売の「週刊アサヒ芸能」9月2日号で詳報している。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ケガ離脱中」巨人・坂本勇人復帰後の「取り扱い」を原監督が明言した
2
健気!藤田ニコル、衝撃水着ブリッジに「“正面ショット”もお願いします」の声
3
藤田ニコル、インスタに水着姿公開もまさかの「ドテ高」に議論集中!
4
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像
5
ピンク・レディー「再結成ステージ」がまさかの「15分で終了」のアキレた舞台裏/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史