芸能

日本レコード大賞 炎の四番勝負!<第3回>「1980年~五木ひろしVS八代亜紀~」(3)

20131219h

 良美は新人賞部門に、八代は大賞部門にノミネートを重ねるうち、思いがけない現象が起きた。会場にはアイドルたちの親衛隊がしのぎを削るが、良美のファンにとって聖子や田原は敵でも、八代は「応援すべきお姉さん」である。

「私のファンの人たちが、八代さんの曲のサビの『雨雨降れ降れ、もっと降れ』を合唱するようになったんですよ。八代さんも野太い声援にニッコリと喜んでいらっしゃいました」

 そしてその光景は、八代の手を振りかざすポーズとともに歌番組の花形となっていく。ささいなきっかけは、しかし、大輪の花へと結びつくのである。

 そんな八代の「雨の慕情」(80年4月)もまた、五木と同じく“三部作”に数えられた。作詞・阿久悠、作曲・浜圭介、編曲・竜崎孝路というトリオで、前年の「舟唄」(79年5月)に続く第2弾である。

 詞を書いた阿久悠は「舟唄」~「雨の慕情」と来て、第3弾の「港町絶唱」(80年9月)でレコード大賞を獲るというプランを描いていた。ではあるが、候補曲となったのは1つ前の「雨の慕情」である。

 五木陣営の軍師であるひのきは、そこが勝負の大きな分かれ目だったと後に気づいた。

「賞レースが始まって、マスコミや評論家に『どの曲でエントリーするの?』って聞かれる。ウチは三部作の締めくくりとして『ふたりの夜明け』を持っていった。レコード売上げも、曲のクオリティも十分に勝負できると思ったんです」

 当然、八代陣営も「港町絶唱」で来るはずと読んでいた。9月発売というタイミングは暮れに向けて披露する機会も多く、選考には有利となる。ところが、あえて「雨の慕情」に戻ったのはなぜか?

「レコード大賞というのはセールスや芸術性だけじゃない。そこには“仕掛け”という部分も大きく作用する。五木のほうがレコードは売れていたけど、印象としては『雨雨降れ降れ、もっと降れ』の大合唱のほうが強かった」

 ひのきは、八代陣営に倣うわけではないが、ラテン歌謡の「倖せさがして」のほうがレース向きだったのではないか‥‥と、わずかに後悔した。勝てると思ったレースに勝てなかったことは、五木を中心とした陣営に「何が何でも!」との気持ちを覚醒させる。

 それが84年の「長良川艶歌」で結実し、2度目の戴冠となった。この歌の作曲は「ふたりの夜明け」と同じ岡千秋だが、勝利の美酒は不思議な味だった。

「今回はうれし涙で、また飲んでも飲んでも酔えないって感じでしたね」

 こうした激戦は、昭和の終わりまで重ねられ、人々の記憶に植えつけられていった‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
浜田雅功も呆れ顔…土田晃之が「元野球部」告白でまたも上がった大ブーイング
3
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
服から胸がこぼれる!石川秀美の娘・薬丸玲美の極大バスト写真がスゴすぎッ