芸能

カトパン「好きな女子アナランキング」2位落ちは遊び人との熱愛のせい!?

 12月6日にオリコンが発表した「好きな女性アナウンサーランキング」で、大番狂わせが起きた。フジテレビのエース、カトパンこと加藤綾子アナが3連覇を逃したのだ。

 カトパンから1位をもぎ取ったのは、日本テレビの水卜麻美アナ。2010年に入社、自他ともに認める大食いで、1日4食しっかり食べた後に、番組のグルメリポートで出された料理を残らず平らげるという“女彦麻呂”ぶりがウケている。

「やせているのが当たり前の女子アナなのに、増え続ける体重を気にもせず、おいしそうなものを見ると自制が効かなくなる野放図キャラ。今年巷で流行ったぽちゃかわブームを女子アナ界に持ち込んだのが水卜アナ。日本酒に目がなく、夜は飲み会に馳せ参じ、『ミト会』なる女子会を主催し、日テレの女子アナたちを胃袋から牛耳ろうとしています」(女子アナウォッチャー)

 ランキングは大混戦で、加藤アナは2位、テレビ東京の大江麻理子アナが3位、NHKの有働由美子アナが昨年10位から5位にアップ。TBSの枡田絵理奈アナと元日テレの夏目三久がそれぞれ8位と10位に新たに10傑入りした。

 それにしても、カトパンが2位に落ちたのはいったいなぜなのか。「ズバリ男です」と断言するのは、テレビ誌記者だ。

「加藤アナは10月に西武ライオンズ(当時)の片岡治大選手との熱愛報道が浮上。2人は合コンで知り合い、たちまち意気投合し、密会を重ねていた。アレルギーで肉は全く受け付けないにもかかわらず、彼氏にスタミナをつけさせようとカトパン自ら渋谷区にある芸能人御用達の高級焼肉店を予約。皿を下げにきた店員が目に入らないほど夢中で唇をむさぼりあっていたとか。片岡は西武・涌井秀章と並ぶ遊び人です。今オフにFA宣言し、巨人入りが決定し3年で5億円をゲット。都内に住まいを移すことで、今後ますます遊びまくるのは目にみえている。カトパンの男を見る目のなさは、ホストにハマッたといわれるコギャル時代から全く成長してないわけで、がっかりしたのが票に現れたんでしょう」

 カトパンのお相手を聞いてフジテレビ局員たちはほっと一安心しているとか。

「プライドをへし折られたまま寿引退するようなタマじゃない。男遊びを肥やしにし名実ともにトップに返り咲くはず」

 と、早くも女王の発奮に期待しているという。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…