スポーツ

大谷翔平、元日ハム投手コーチが回顧した「ストレス発散法」に驚きと納得!?

 日本が誇るメジャーリーガー・大谷翔平。8月23日現在、投げては8勝1敗、防御率を「2.79」と2点台に止め、打っては2位のゲレロJr.に4本差をつける40本塁打をマーク。MLBでは日本人初となる本塁打王のタイトル獲得も現実のものとして手繰り寄せる活躍を見せている。大酒を飲んでハメを外すといったエピソードとは無縁の大谷だが、並大抵のものではないと思われる、自身にのしかかるストレスはどう発散しているのだろうか…?

 プロ野球のOB、1300人が所属している「プロ野球OBクラブ」のYouTubeチャンネル〈プロ野球OBクラブチャンネル〉に、「ジョニー」の愛称で親しまれた元プロ野球選手・黒木知宏氏が出演。黒木氏は、現役引退後、2013年から17年まで、日本ハムの1軍投手コーチを務めたのだが、この5年間は、大谷が日本ハムに籍を置いていた期間と合致している。そして、同投稿回では、大谷の「ストレス発散法」についても言及したのだ。

 同チャンネルの8月23日付け投稿回〈【ちょっと待ってくれ】あの時のハムのコーチ陣は誰も驚かない。メジャーに行く前の大谷翔平とはどんな選手だったのか?〉でのことだが、黒木氏は、ケガにつながる練習過多を止めるのもコーチの仕事だが、自制心のある大谷にその必要はなかったと明かした。

 さらに、先への成長に必要だと思われる練習メニューも、提案する前に大谷は実践していたそうで、「思考力と行動力が、ちょっと人とは次元が違いますね」「全然手のかからない選手」とベタ褒め。

「『お前、どこでストレス発散するの』って言ったら、『野球と筋トレやっとけばいいでしょ』…っていう選手だから」と驚きの発言だった。

 大谷のMLBでの筋骨隆々身体の“進化”は、ストレス発散法の賜物だったとすれば、納得せざるをえないが、それにしても驚きである。大谷の規格外のスケールを再認識させられた、見ごたえのある回であった。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」