芸能

篠原涼子が不貞ドラマで“限界艶技”に挑まなければいけない「理由」

 7月24日に電撃離婚を発表した篠原涼子(48)が主演する、21年配信予定のドラマ「金魚妻」(Netflix)がにわかに期待感を高めている。

 原作は夫のいる身の女性の不貞を題材にしたオムニバス形式のストーリーで、ハードな愛欲描写がふんだんに盛り込まれているのだ。

すでにトップ女優として地位を築いている篠原が、その艶技をそのまま受け入れるとはにわかには信じがたい。しかし、民放局のドラマ関係者は篠原の置かれている状況について厳しい調子で言う。

「離婚報告直後に、年下韓流イケメンとの不貞騒動が報じられました。これまでの篠原のイメージはガタ落ちですよ」

 双方ともに報道を否定しているが、篠原の「お相手」と報じられたのは韓国出身の男性ヴォーカルグループ「SUPERNOVA」のグァンス(34)。元夫・市村正親(72)は24歳年上だが、グァンスは14歳年下というわけだ。都内の同じ高級マンションに住み、お揃いのアンクレットを身に付けているとまで報じられている。

「女優・篠原を支持してきたのは30~50代の女性で、いわゆるテレビドラマを視聴する中心層です。篠原に『カッコイイ女性像』を見てあこがれてきたわけですが、その層は子育てに奔走する主婦層も多く含んでいます。“身勝手な不貞⇒離婚”というふうに見える展開に女性ファン離れが驚くほど深刻になっているんです。親権があっさり市村というところも決定打でしょう」(前出・民放局ドラマ関係者)

 篠原の代表作と言えば、06年「アンフェア」(フジテレビ系)や07年「ハケンの品格」(日本テレビ系)など、まさにカッコイイ女性像を多く演じてきた。その篠原が子供を放って、若いオトコに走っていたとなれば、同性の支持を失うのも無理はないか。芸能評論家の竹下光氏が言う。

「新たなファン層の開拓、男性ファンを取り込む方向転換が求められています。クールで頼りがいのある女性ばかりか、私生活を連想されるのも辞さない“オンナそのもの”という違う武器でも勝負できることを早くに証明する起死回生策が必要です。その試金石が『金魚妻』となるのでしょう」

 不貞離婚のイメージを払拭すべく挑む「金魚妻」での「艶技」とはどのようなものかも含め、9月7日発売の「週刊アサヒ芸能」9月16日号では、篠原の「起死回生策」の全貌を詳しくレポートしている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CMで見せた“まん丸お椀型Eバスト”躍動に垣間見える「覚悟」
2
小泉今日子「略奪愛&政治色」を払拭する「桃色ステージ」(1)復活に水を差す不貞の代償
3
元巨人スコアラーが明かした松井秀喜の「不器用」と高橋由伸「無冠」の理由
4
宇垣美里がガチで狙われていた?ピスタチオ小澤、嫁との交際を拒んだ仰天理由
5
人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?