スポーツ

角盈男、動画回顧した「打たれても腹の立たなかった唯一のバッター」とは!?

 巨人、日本ハム、ヤクルトとセ・パ3球団を渡り歩いた元プロ野球選手の左腕・角盈男氏。角氏は主に抑え投手として活躍し、1978年のルーキーイヤーから5勝7敗7セーブの活躍で新人王を獲得すると、81年には8勝を挙げながらも20セーブとして最優秀救援投手のタイトルに輝いた。

 その角氏が、元フジテレビアナウンサーで現在はフリーアナの田中大貴のYouTubeチャンネル〈田中大貴アスリートチャンネル【アスチャン】〉に出演。巨人時代、阪神戦では主に掛布雅之氏、ランディ・バース氏の抑えにマウンドに上がっていた過去を振り返る中、「あの人だけだな、打たれても腹立たなかったの、悔しいと思わなかったのは…」と意外な人物の名前を挙げたのだった。

 同チャンネルの8月13日付け投稿回〈【必見】角盈男が選ぶ歴代最強外国人は誰!?ランディ・バースが最強!?どんな選手でもいきなりメジャーは無理!?田中大貴アスリートチャンネル アスチャン〉でのことだ。

「川藤さんはおもしろかったですよ。打っても打たなくても三振しても胸張って」と、同投稿回で角氏が語った“打たれても腹が立たない人”とは、阪神一筋18年、主に代打で登場した、川藤幸三氏だった。

 角氏は、続けて、「“何で負けて胸張って帰れるんだよお前は”…みたいな」と、腹が立たないのは、そうした川藤氏の不思議な態度にあり、その態度の理由にも、皆目見当がつかない様子であった。

 ちなみに、川藤氏のこうした態度については、そのお笑いタレント・陣内智則のYouTubeチャンネル〈陣内智則のネタジン〉の、去る3月24日投稿回で明かされている。この投稿回には、川藤氏が出演したのだが、何でも、自身は補欠(控え)の選手との認識を持っており、三振しても当然とバットを担ぎ、堂々とベンチに戻ることを心に決めていたと、またそれが首脳陣へのアピールであったことを明かしている。

 無骨に見えてクレバーな印象を与えた川藤氏。これを機に「アスチャン」でゲストに招いてもらい、角氏、川藤氏の舌戦&大放談を拝見したいところである。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
加藤綾子 入籍から半年経過も「別居婚継続」の真相