スポーツ

山口健治の“江戸”鷹の目診断「伊東記念」

地元の新田康仁が番手から鋭脚発揮

 調整法を知っているのがベテラン選手。レース間隔が開いても、狙ったレースには必ず仕上げてくる。

「伊東記念」(12月20日【金】~23日【月】)に出走予定のS級S班は、長塚智広、岡田征陽、山崎芳仁、浅井康太の4人。長塚と浅井は立川グランプリ(12月30日)の前哨戦、岡田と山崎はSS班として最終戦になる。

 地元勢では、渡邉晴智にいつも以上に「ハルトモ」の熱烈コールがわき起こりそうだ。7月25日、高知記念初日特選で武田豊樹らとともに追走義務違反で4カ月間の出場停止。復帰初戦のFI松戸で【3】【2】●【3】と好走しただけに、ファンの応援にも熱が入るだろう。

 アンラッキーな長期休養だったがGI2勝、明るい性格のベテラン40歳は、体のメンテナンスとじっくり練習する時と、プラスに受け止めたのではないか。ラインも長くなりそうなだけに、SS班に気後れはない。

 さて、並びと展開。地元地区は千葉の小埜正義の後位に地元の3人、新田康仁─渡邉晴─萩原孝之がつける。関東は上原龍─長塚─岡田だが、岡田の前回りも。西日本は藤木裕市田佳寿浩原田研太朗合志正臣と見た。浅井と山崎、そして牛山貴広は単騎での戦いになりそうだ。

 先行争いは激しくなる。原田が飛び出すところを藤木と上原が襲いかかり、さらに小埜が一気に仕掛けることになる。

 本命は新田康。ラインの長さに加えて小埜が失速しても、みずから動ける鋭い脚がある。対抗は長塚。3番手からでも差し切り逆転2連覇も。3番手評価は浅井だが、もつれればレース巧者ハルトモが浮上する。

 伏兵は、田中孝彦(静岡・91期)、黒田淳(岡山・97期)、和田真久留(神奈川・99期)の機動力型3選手。地元の田中と黒田は、FIではすでに決勝戦の常連。そして、ヤンググランプリ(29日)に出場するのが和田。この3人、勢いを買って1着から流したい。

◆プロフィール 山口健治(やまぐち・けんじ) 1957年1月、東京都荒川区生まれ。競輪学校38回生卒業チャンピオンとしてデビュー。主なタイトルは日本選手権、競輪祭(2度)。09年1月引退。現在「スポーツ報知」評論家。

◆アサヒ芸能12/17発売(12/26号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!
2
胸の先がこぼれそう!マギー、「水着が下すぎバスト」に熱視線
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
石橋貴明、「スポーツ王」視聴率1桁でピンチもあの業界に参戦で再ブレイクか?
5
フワちゃんの無防備なバストトップが無人島ロケでハミ出ちゃった!?