女子アナ

「報ステ」安藤萌々アナ、同期・渡辺瑠海アナと火花で“バスト強調”加速中!?

 10月6日放送の「報道ステーション」(テレビ朝日)で安藤萌々アナがみごとなバストラインを披露し、ファンを沸かせたようだ。

「この日の安藤アナは、茶のニットワンピースで登場。上半身がピタピタのデザインだったことから、担当するスポーツコーナーで身振り手振りで進行する際、形の良い推定Fカップのお椀型の輪郭がやたらと強調されていましたね」(女子アナウオッチャー)

「報ステ」は、10月4日の放送からリニューアルされ、大越健介氏がメインキャスターに。ほか、渡辺瑠海アナがメインにとして加わるなど、出演者の変更があった。

「そんな中、ボリューム感たっぷりの胸の強調ぶりで人気のあった森川夕貴アナが夕方のニュース番組へ移動。入れ替わりで入った渡辺アナは大学時代、『ミス成蹊コンテスト2016』で準グランプリに選出されたこともある美女ではあるものの、バストについて言えばそこまで大きくはなさそう。そのため安藤アナにかかる視聴者の“期待”はかなり大きいんです。番組リニューアル発表当初、ネット上では安藤アナも外されるのかと懸念の声が上がりましたが、スポーツコーナー留任でホッとしたファンも多いのでは」(前出・女子アナウオッチャー)

 ちなみに、その安藤アナと渡辺アナは、入社2年目の同期、しかも同じ成蹊大学法学部出身だ。

「渡辺アナもサッカー好きのようですが、あくまで観戦で、清楚を絵に描いたような雰囲気。対して安藤アナは大学時代ゴルフ部の主将を務めるなどアグレッシブ。番組出演の早さで、これまで安藤アナが一歩リードしていましたが、渡辺アナの『報ステ』メイン抜擢により、2人は今、横一線に並んだ状況と言えるでしょう。安藤アナとしては今後、その元気キャラと同時に、“Fバスト”をフルに活かした“視聴者サービス”も欠かせないところではないでしょうか」(前出・女子アナウオッチャー)

 切磋琢磨に期待!

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
岡村隆史が猛批判!アンガールズ田中の「めちゃイケ」丸パクリ番組に「こんな悲しいことある?」
2
「サンモニ」上原浩治にも“不要論”関口宏・達川光男“噛み合わない騒動”の波紋
3
佐々木希を「公開処刑」に追い込んだ秋田の超絶美女アナ「Dバスト素顔」
4
有吉弘行「性ビデオ業界転身」も考えた…「故郷の広島に帰る」宣言で夏目三久はどうする!?
5
ドン引き!「坂上忍に2歳長男を預ける」華原朋美の「超前のめり」な主張