芸能

綾瀬はるか、「月9主演」報道も心配される“コロナ復帰後の多忙っぷり”

 10月14日発売の「週刊新潮」が、綾瀬はるかの新ドラマ情報を掲載した。綾瀬は来年、フジテレビドラマで主演を務める予定だという。

「記事によると綾瀬は、来年4月期のフジ月9ドラマ『元彼の遺言状』にて、主演を務めるのだとか。同ドラマは、『このミステリーがすごい!大賞』を受賞した人気小説が原作で、主人公のクセの強い女性弁護士を綾瀬が演じるとのこと。また、プロデューサーには、『グッド・ドクター』や『監察医 朝顔』(ともにフジテレビ系)などのヒットドラマを手がけた金城綾香氏の名が挙がっているそうです」(テレビ誌記者)

 そんな綾瀬といえば8月、新型コロナウイルスの陽性となり、大学病院に入院したことが一部メディアで伝えられた。10月10日の「日刊ゲンダイDIGITAL」によると、その後、綾瀬は順調に回復し退院したようだが、一部で早期復帰を懸念する声もあがっているという。

「記事によると、綾瀬は現在、木村拓哉主演の時代劇映画の撮影に参加しているとのことですが、コロナの後遺症で、長時間の撮影が思うように進まない可能性もあるのだとか。特に時代劇は、重いカツラや着物を身につけるため、病み上がりの彼女にとっては過酷な仕事のようです。そんな綾瀬は入院中、自分の病気で撮影に影響が出るかもしれないことについて、『迷惑はかけられない、どんなことがあっても…』と強い責任を感じていたそう。それだけにファンからは、『新作は楽しみだけど、無理はしないようにしてほしい』『またすぐに月9の撮影が始まるなら、さらに体に負担をかけそう』と体調を心配する声が相次いでいます」(前出・テレビ誌記者)

 復帰後の綾瀬の体調に関し、公式の発表があったわけではないが、やはりファンは“ゆっくり休養してほしい”と願っているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
前代未聞の「妨害工作」2連発!それでも「バスVS鉄道対決旅」に勝てない太川陽介のだらしなさ
3
元近鉄「317勝投手」の鈴木啓示が心底うらやましかった「セ・リーグの投手2人」の名前【2024年3月BEST】
4
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
5
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来