芸能

ヒコロヒー「ネットニュースの切り取り方は腹が立つ」

テリー ネタはどんな感じでつくってるんですか。

ヒコロヒー だいたい喫茶店で考えて、ノートにバーッと書いて。台本にする時はパソコンで書き起こします。

テリー 売れる前と売れた後って、喫茶店で浮かぶネタは何か変わるんですか。

ヒコロヒー 考える内容は変わらないですけど、前は1杯のアイスコーヒーでメチャクチャ粘らないといけなかったんですよ。それが今は、お店に迷惑がかからないように、なくなったらもう1杯頼めるようになりましたね。

テリー 書き出す時、もうオチは決まってるの?

ヒコロヒー うーん。何個かオチのフォームみたいなのがバーッと出ちゃうんですよ。だから、決めるのが面倒な時とかは、あみだくじで決めたりします。

テリー ネタはどういうところから考えていくの?

ヒコロヒー 何に腹が立つ、何が悲しい、何が悔しいとか、自分の感情が最初の基盤ですね。で、それがどうなったら笑えるかみたいなところでシチュエーションを決めていきます。

テリー 常に問題意識や疑問が自分の中にあるんだね。

ヒコロヒー ありますね。

テリー 例えば今だと?

ヒコロヒー 私、お笑い芸人ですから、番組でひな壇に座ってる時は、すぐ立ち上がれるように前屈みになって、足を広げてるんですよ。そうすると「やっぱり女性は足を閉じて座るべきだ」とか言われることがあって、「別に私は行儀のよさでお金いただいてるわけじゃないしな」っていうのは思ったりしますね。

テリー 何かあったら立ち上がって前に出るのが芸人の仕事だもんな。それってテレビ局の人が言うの?

ヒコロヒー いや、ネットとかですね。だから、ネットニュースの切り取り方には腹が立ちます。

テリー あ、わかる。俺もそうだもん。最近も何かあった?

ヒコロヒー 私、借金がすごいあるんですよ。で、(明石家)さんまさんの番組で、共演した芸人と「こいつ金貸してくれって言ったのに1万円しか貸してくれなくて、めっちゃセコいですわ」みたいなやり取りになったんです。で、その芸人も「こいつ今、家賃滞納で裁判になってるんですよ。そんなヤツに金貸せるか!」みたいに言って、さんまさんも笑ってくれて。

テリー まぁ、漫才の掛け合いみたいなね。

ヒコロヒー それで現場も盛り上がって、オンエアにも乗って、よかったよかったと思ってネットニュースを見たら「ヒコロヒー、借金問題でさんまに説教ピシャリ」みたいな。

テリー アハハハ。

ヒコロヒー もう全然ニュアンスが違う。「どういうこと?」って思いますね。

テリー まぁ、ネガティブに書かないと読まれないからなぁ。

ヒコロヒー らしいですね。私も自分のネットニュースの時は「全然ちゃうやん、腹立つ」って思うクセに、他人の記事だと「へぇ、そうなんや」とか思っちゃうから。結局、人間の業みたいなもので成り立ってるんでしょうね。

テリー だって、ヒコロヒーがいいヤツだって書いたって読まないもんな。

ヒコロヒー 前に「ヒコロヒー、ナチュラルメイクでポニーテール姿公開」みたいな、いささか恥ずかしい記事がネットに出たんですけど、付いたコメントが5ですからね。誰も興味ない。

テリー そうなんだよなぁ。

ヒコロヒー でも、逆の立場だったら、テリーさんがどこかに寄付したとか読まないですもん。

テリー だろう?

ヒコロヒー それより誰々を蹴ったとか。

テリー それは読む。

ヒコロヒー 情けないですよね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」