芸能

田中みな実「正直、タマッてる」赤面告白(1)オトコは仕事の邪魔に

 ストイックすぎるがゆえに欲求不満がダダ漏れしているのが、女子アナ界を牽引する田中みな実(34)だろう。なにしろ、女優業のため「オトコ断ち」を実践し、周囲にも公言するほどのマジメさなのだ。彼女を知る女性誌編集者が証言する。

「このところ田中さんに浮いたウワサが出ないのは、『オトコは仕事の邪魔になる』と過去の男性経験から身に染みて自覚しているからです。それだけオトコにハマりやすい性格だと自分で分かっている。『芝居の世界で成果を残すまではオトコを遠ざけるつもり』だと決意を語っていました」

 アナウンサー生活から脱皮して「国民的女優」への成り上がりを貪欲に目指している田中だけに、その夢は壮大だ。テレビ関係者によれば、

「彼女の大きな目標のひとつが『大河ドラマへの出演』。スキャンダルを嫌うNHKに配慮して、ことさらオトコ断ちを徹底しているところもあると思います」

 アサ芸も再三指摘してきたNHK幹部への体当たり攻勢が実を結ぶのはいつの日だろうか。とはいえ、そんな田中でも欲望を抑えるのは簡単ではないようだ。女性誌編集者は心配そうにこう語った。

「みな実さんは『どれだけ仕事が充実していても、ふっと寂しい瞬間がくる』と言っていました。先日は共通の知り合いの女性スタッフに『正直、タマッてるの』と欲求不満を漏らしています。ガマンしすぎず、適度に発散できればいいのですが‥‥」

 果たして、何が溜まっていたのかは、ご想像にお任せするが、女盛りゆえの肉体的な疼きは解消しようがないだろう。

 それかあらぬか、番組内でも自らの不安定な心情を吐露している。

 10月12日放送の「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演した田中は、元カレであるオリエンタルラジオ・藤森慎吾(38)との破局についても、

「3年半付き合って(立ち直るのに)2年かかった」

 と乙女心を明かした上で、

「復縁できるとされていることは何でもした」

 高額の占い師にすがったばかりか、オカルト的なおまじないにも手を出していたことを告白。先輩である小林麻耶のように、スピリチュアルに傾倒しかねなかったというのだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!