芸能

清野菜名、「ハンオシ」主演に「モブ感ハンパない」厳しい指摘でのしかかる重圧

 女優の清野菜名がヒロインを務める連続ドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(TBS系)第1話が10月19日に放送され、平均世帯視聴率は9.4%だった。(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

 同ドラマは女性向け漫画雑誌「フィール・ヤング」で連載中の有生青春氏による同名漫画が原作のラブコメディー。清野はデザイナーの大加戸明葉役を演じている。

 ドラマファンの間では清野のプライムタイム初の単独主演に期待の声が高まっていたが、フタを開けてみれば2ケタに届かず、逆に厳しい意見が相次いでいる。

 ネット上では「清野さんかわいらしいけどモブ感がすごい。やはり単独主役はまだまだ荷が重いんじゃない?」との声が。ちなみに、「モブ」とはマンガや映像作品の背景に出てくる名前のない群衆や通行人のことで、「モブ感」とは“その他大勢な感じ”といったところか。

 他にも、「ちょっと若いけど、清野さんより小芝風花ちゃんとか可愛くてよかったかも。厳しいけど主役としては弱いんだよなぁ」「ごめん、明葉は清野菜名ってイメージじゃない。なんか違うんだよね」「第1話みたけどイマイチ。清野菜名は脇役の方がいいと思う」などと、清野の主人公に辛辣な声が殺到している。

「TBSの火曜ドラマ枠は、前作『プロミス・シンデレラ』の二階堂ふみ、『着飾る恋には理由があって』の川口春奈、『おカネの切れ目が恋のはじまり』の松岡茉優、『私の家政夫ナギサさん』の多部未華子と、錚々たる顔ぶれが主役を務めています。彼女らに比べると、清野はまだまだ見劣りするという評価なのでしょう。視聴率が2ケタスタートを切れなかったのも、期待がそこまで高くなかったということなのかもしれません。今後かかるプレッシャーは相当なものだと思いますよ」(テレビ誌ライター)

 第2話以降で視聴率アップなるか。今後の展開に期待したい。

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」