芸能

松嶋菜々子「10年の法則」で「第3次絶頂」到来(1)民放ドラマ出演は5年ぶり

 アラフィフ女優に「第3次ブレイク」が訪れている。CM、ドラマで見ない日はない活躍ぶりだが、かつてとほぼ変わらぬ美貌に驚いた御仁は多いのではないか。下積み時代の「過激な洗礼」、大ヒットドラマ連発から活動制限を経て、ビッグウェーブ到来にはある「法則」があった。

 吉田鋼太郎(62)、霜降り明星・粗品(28)と共演するサントリー「パーフェクトサントリービール」や大正製薬「パブロン」、セコム「ホームセキュリティ」──。

 一流企業がズラリと名を連ねる松嶋菜々子(48)出演CMの中でも、とりわけ印象的なのは「Uber Eats」の「メイクアップ編」だろう。

 巨人・桑田真澄投手チーフコーチ補佐(53)の次男Matt(27)に「Matt風メイク」を施され、「意外とナチュラルね」とコミカルにつぶやくのだ。広告代理店関係者が評価するには、

「CMだけでも最近の露出が一気に増え、日々、顔を見るようになりました。48歳ながら、その美貌は20代の頃からあまり劣化が見られず、さすがのひと言。再ブーム到来と言っていいのではないでしょうか」

 ベテラン芸能記者も同意して、こうあとを引き取る。

「19年12月に、当時15歳の長女のイギリス留学に同行するため女優を休業する、という女性週刊誌の記事が出ましたが、所属事務所は即座に否定した。そもそも松嶋のマネージャーが97年、彼女のために独立して作った小さな事務所で、松嶋が稼ぎ頭。事務所のためにCM出演が多くなるのもうなずけます」

 子育てが一段落したからか、女優としての活動を積極的に開始。今年8月には映画「妖怪大戦争 ガーディアンズ」(松竹)が公開された。現在は10月14日にスタートしたドラマ「SUPER RICH」(フジテレビ系)でも、キーマンとなる役を熱演中。民放ドラマ出演は5年ぶりとなるが、意外にも主演ではない。江口のりこ(41)の先輩キャリアウーマン役で登場しているのだが、

「江口とふたりで高級フレンチを食べながら、元上司として余裕のある大人のアドバイスをするのですが、相変わらずエイジレスな美貌を誇り、衰えは見られません。オープニングで流れるキャストのクレジットでも、松嶋は主演の次に目立たせるため最後に名前が出る『トメ』として君臨しています。『トメ』は女優としての格が高い証明でもありますが、ストーリーが進むにつれ、重要人物になっていくでしょう」(ベテラン芸能記者)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」