芸能

西川きよしの拳が飛んで“一世一代の大勝負”に失敗!/坂下Dの「地獄耳」芸能

 芸人が多少の無理をしてでも笑いの爪痕を残そうと“大勝負”に出て、もちろん大失敗するケースもあるという。

 次長課長の河本準一は、ツッコミを誤り、激怒した西川きよしに4発も殴られてしまった。番組収録後にきよしに連れられ、打ち上げをした時のことだ。河本によると、

「NGK近くの居酒屋に連れてっていただいて、そこで『乾杯の音頭をきよし師匠にお願いします』ってことになったんですよ。みんな立って、お酒を持って、きよし師匠の挨拶が始まったんです。その挨拶が『みんなお疲れ様でした。乾杯!』くらいだったら分かるんですけど、長い話がエンエンと続いたんですよ。赤穂浪士の話とかが途中で出てくるんです」

 あまりにも長い挨拶に、先輩芸人もザワつき始め、

「『河本、これはきよし師匠のボケや。長いぞってツッコまなければ、終わらんぞ』って話になって。それで、オレが相づち打ちながらきよし師匠にちょっとずつ近づいて行って、息継ぎしたタイミングで乾杯にいくのかなって思ったところで、また赤穂浪士の話を続けたんです。これはボケなのかなって思って、その瞬間、グラスを置いて、『長いねん!』って後ろからツッコんだんです。それこそ、中途半端はアカンって思って、思いっきりいったんです。メガネが外れそうになるくらい」

 すると、その瞬間、きよしの拳が振り向くよりも速く、河本の顔をとらえた。そして「やすしくんがおったら、こんなもんじゃすまされへんで」と怒りを口にしたのだ。

 河本を煽った周りの人間は、みんな下を向いており、河本は裏切られたと感じたそうだ。

 謝罪を経て事なきを得たが、きよしは「後輩にあれだけ殴られたのは、いまだにない」と恨み節を言っているそうだ。

坂下ブーラン(さかした・ぶーらん)=筆名=:1969年生まれのTVディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティ番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発をめざし奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「女子アナを辞める!」水卜麻美が「責任問題」で日テレ退社後に選ぶ「意外な職業」
2
黒島結菜 どんどん出てくる「オトコ遍歴」と魔性素顔
3
市川海老蔵「神がかり3連単ボックス」馬券術(3)3285万円ブチ当てた
4
綾瀬はるか「バストを強調しすぎ!」ユニクロCMで批判の標的にされた“災難”
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」