芸能

吉岡里帆、「裏で“こぼれそうだったバスト”」を封印報道に嘆きの声!

 12月2日、吉岡里帆が「第50回ベストドレッサー賞発表・授賞式」に出席した。吉岡は同イベントにて、肩出しドレス姿を披露し注目を集めている。

「吉岡は今回、肩を大胆に肌見せした黒色のドレスで登場。そして、『凛と立てるようなドレスを選びました。胸元のパールがかわいらしくて気に入っています』と、ほほ笑みながら記念品を受け取りました」(芸能記者)

 そんな同イベントにて吉岡は、美しいデコルテこそ露わになっていたものの、ファンが期待しているバストのボリュームや渓谷などは抑えぎみな状態となっていた。これには、吉岡の意向が反映されている可能性があるという。

「11月30日に発売された『フラッシュ』が、業界で働くスタイリストを取材したところ、吉岡は着替えの際、バストが豊かすぎて、いつもアンダーウエアからこぼれそうになっているのだとか。ところが彼女は衣装を着る時、その大きい胸をなんとかして小さく見せようとしているそうなんです。これには吉岡ファンから、『美しいバストを隠す必要なんてないのに!』『俺たちの楽しみを奪わないで…』と嘆きの声があがっています」(前出・芸能記者)

 今回の授賞式にて、「最近、心の変化がありまして…」と切り出し、「明るい気持ちになっていただきたいという思いが年々強くなっているので、楽しんでいただくという意識を持っていきたい」と、女優としての意識を明かした吉岡。ファンは、“演技だけでなく美ボディからも元気をもらいたい”と願っているかもしれない!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
2
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
3
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
4
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
5
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件【2024年6月BEST】