芸能

太田光、戦前予想で「錦鯉のM-1優勝は絶対ない」と思っていたワケとは!?

 爆笑問題の太田光と、くりぃむしちゅーの上田晋也がMCを務めるトークバラエティ番組「太田上田」(中京テレビ)のYouTubeチャンネル〈太田上田【公式】〉が、2月2日に〈【太田上田#326】M-1王者・錦鯉!多忙過ぎて心配になりました〉と題した動画を投稿。日本一の漫才師を決めるコンテスト「M‐1グランプリ」の2021年大会で優勝した錦鯉(長谷川雅紀、渡辺隆)の話題となり、太田が「オレ、絶対ダメだと思ってた錦鯉」と、「M-1」戦前予想が大ハズレだったことを明かした…。

 この動画は、「M-1」後の21年中に収録された模様で、「去年(20年)のインパクトが強かったから、(長谷川の)『こ~んに~ちは~!』って、あれさ、初めて見た時“なんだ、コイツ~”ってなる。でも2回目は通用しない」と太田。

 21年大会直前にも「お前ら絶対ダメだからな。新鮮さが何もないもん、お前は!」と、「錦鯉」の2人に上から目線で忠告したそうだが、「M-1」を視聴すると、いつものつかみで「ドカンドカンってウケてるんだよ。どうしたんだよ、こいつらって思ってさ、(優勝に向けて)どんどん行ったからビックリしたよ!」と、大げさに目を丸くし、太田らしく「錦鯉」を賞したのだった。

 思えば、「M-1」は埋もれている若手漫才師に日の目を見せてあげようとの思いと、才能の無い芸人には、いつまでも夢を見ずに、第二の人生を歩んでいくようにと気づかせることが、発起人の島田紳助氏の狙いだったはずだ。

 長谷川50歳、渡辺43歳。「錦鯉」のように「M-1」最年長優勝コンビが誕生した今、お笑いの世界も、いつまでもあきらめることなく、成し遂げるまで夢に向かって努力を続けよう…そんな時代に突入したのかもしれない。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旧姓の印鑑を即捨て」「服は10着だけ」北川景子のプロフェッショナルな「処分&整理力」が潔すぎる
2
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手