芸能

篠原涼子、「波打つバスト」絶頂艶技を目撃(終)中村静香「獣のアエギ声」も!

 Netflix(以下、ネトフリ)オリジナルドラマ「金魚妻」主演の篠原涼子、共演の長谷川京子の“熟美女ツートップ”の愛欲シーン争いに割って入ったのが、グラドル時代にB88のFカップボディを武器に一時代を築いた中村静香だ。2話目の「外注妻」で夫婦の営みの“レス”に悩む志村優香役で登場したが、果敢な熟美女優に挟まれて大丈夫かと思ったのは杞憂だった。

 作品では、どんなに誘惑しても愚息が勃たない旦那に業を煮やしていた頃、元カレの久保田潤(久保田悠来)と再会するところから物語は展開する。

 ホテルにしけこむと、シャワーを浴びるのももどかしいと言わんばかりに、服を脱ぎながら激しく舌を絡み合わせる2人。ベッドに移動してブラ姿になると、マシュマロバストと評されたバストが揉みしだかれた。

「ハァハァ、こういうの久しぶり。いや、もっと暗くして…」

 お願いするもSッ気の強い相手には通じず、スカートを脱がされ、下半身をまさぐられる。今度は中村が男を仰向けに寝かせると、

「確かめたかったの。まだ私の体で興奮する人がいるのか」

 そう囁きながらブラのホックを外す。はだけたマシュマロバストを男の体に密着させて濃厚キスをすると再び反転して男が上になり挿入。鬼ピストンに鷲掴みされたままFバストが爆揺れし、久しぶりの性的欲求を開放させる。ロリフェイスには似つかわしくない獣のような喘ぎ声を上げるのだった。

 こんな情交だらけの競艶現場では、日本で珍しい演出が施されていた。

「ネトフリはインティマシー・コーディネーターを導入していて、役者がマッパになるほど肌見せしたり、ベッドシーンで触れ合うシーンをケアするため、専門スタッフがサポートする仕組みです。役者と演出する側の意図を事前にヒアリング。どこまでOKなのか細かく段取りを決めた上でベッドシーンを撮っています」(芸能プロ関係者)

 今後の主流として、映画やドラマでも採用されそうだが、その上で新たな見方を芸能評論家の尾谷幸憲氏が提案する。

「事前に役者のOKラインや要望を聞くということは、願望をさらけ出しているとも言える」と前置きしたうえで「金魚妻」で篠原は紐パンを穿きたいとか、男が上になる体勢の時に「相手の足を絡めて密着し“だいしゅきホールド”をしたかった」ということになると指摘する。

「長谷川に関しても、窓に張りつきながら立ちバックで突かれ、誰に見られているかわからない興奮にゾクゾクしたい、と。女優の夜の取扱説明書にもなるのです」

 一粒で二度おいしい不貞ドラマのベッドシーンの楽しみ方も発見!「マン防」が解除されるまでの間、熟美女優たちの史上最高の激艶現場を目撃しながら過ごすのも一興だろう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【孤立の真相】ロッテ・佐々木朗希「150キロ台しか出ない」に球団も選手も「冷たい視線」
2
渡瀬恒彦「安岡力也を半殺し」「舘ひろしに鉄拳制裁」芸能界最強伝説/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
3
「川相、何やってんだ」巨人・阿部慎之助監督「バント野球」失敗の多さを元木大介はどう見たか
4
またいなくなった!フジテレビ・井上清華アナに浮上する「渡邊渚アナの長期療養」悲劇再来
5
【バス旅秘話告白】太川陽介が蛭子能収を大絶賛「ひと言も文句を言わず23キロ歩いた」四国道