芸能

美女アナ24時「“バスト”タイムテーブル」2022春(1)フジ・渡邊渚のGバストはサツマイモのおかげ?

 例年以上に大改革が起きた春の番組改編。それに伴い、目の保養であり癒やし的存在でもある、ぼよよ~ん豊満バストアナの「配置換え」が実施された。お気に入りから新規発掘まで、これをチェックすれば一目瞭然! 大揺れ・隆起も網羅した「24時間“バスト”タイムテーブル」を活用して充実した新生活を送っていただきたい。

「春眠暁を覚えず」などと、春の心地よさにウトウトしている場合ではない。

 平日の豊満バストアナの朝はとにかく早いのだ。5時20分から6時まで各局、粒ぞろいの精鋭を配置。視聴者は起き抜けというのに、目も股間もギンギン状態が待っていた。

 期待に応えるべく、ムチムチボディをお茶の間に届けるのは「ZIP!」(日本テレビ系)の水卜麻美アナ(34)だ。女子アナウオッチャーの丸山大次郎氏が賛辞を送る。

「番組内でストレッチ体操をした際、積極的にエビ反りになって迫力のあるバストショットを披露。ブラジャーも透ける勢いで、すでに出世コースに乗っていながら手をヌクことはなく、頭が下がる思いです」

 最近は新庄監督顔負けのBIGBODYに磨きをかけ、バストに重量感が増したと巨乳ファンを喜ばせているという。ただ、それだけで視聴率が右肩上がりするほど、おっぱい激戦区は甘くなかった。

 水卜アナに待ったをかける急先鋒は「めざましテレビ」(フジテレビ系)が誇るGカップ娘・渡邊渚アナ(24)だ。芸能評論家の織田祐二氏は「見せ惜しみ一切なし!」と猛プッシュし、こう力説する。

「フリーアナの田中みな実(35)は、食物繊維が豊富で美容やダイエット効果のあるサツマイモを食べて美ボディを作り上げたものです。見習うように昨年冬から、渡邊アナも毎朝サツマイモを食べるようになるとウエストが引き締まり、よりバストが強調されることに。自身のインスタグラムでも着衣巨乳カットをたびたび投稿し、成長の跡が見られます」

 テレビ東京内で「むっちむちタヌキ」と呼ばれた「Newsモーニングサテライト」のメインキャスター・相内優香アナ(36)も黙ってはいなかった。

「イスに座ったままお辞儀をした瞬間、テーブルの上で軟乳がムギュッと変化する『乗せ乳芸』は秀逸です」(丸山氏)

 一方、昨年10月にスタートしたTBSの「THE TIME,」は、江藤愛アナ(36)と篠原梨菜アナ(25)の巨乳コンビを投入。が、低迷する視聴率同様、巨乳アピールも伸び悩んでいるだけに、今後に期待したいところだ。

 そんな激戦に割って入ったのが、4月からNHKが刺客として送り込む「サンデースポーツ」から「おはよう日本」に異動した副島萌生アナ(30)だ。

「4年間、スポーツ番組のキャスターを任された副島アナはクラシックバレエを習っていたこともあり、原稿を読む時に常に背筋が伸びて胸を張っているので、ドンッと突き出たロケット乳が特徴的。ノースリーブ衣装を着ることが多く、自分の武器を熟知しています」(芸能記者)

 もうじき春の嵐が吹き荒れることになりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」