芸能

福澤朗、「鉄道沿線歩き旅」で番組ファンを唸らせた!“汚名返上”の一手とは

 4月2日の「土曜スペシャル」(テレビ東京系)で放送された「鉄道沿線歩き旅」で福澤朗が意外な手腕を発揮し、ファンから驚きの声が上がっている。

「アナウンサーでしっかりしたイメージが強い福澤ですが、同旅番組ではミスを連発しています。前回はおしゃべりに夢中になって、立ち寄らないといけない駅を見落としたことがありました。かなり歩いてから通り過ぎたことに気づき、戻るはめになっています。この番組での福澤のイメージは“うっかりキャラ”です」(テレビ誌ライター)

 だが、今回は汚名返上する見事な策を繰り出した。2日目に福澤はゲストの千原せいじと山之内すずに対して驚くべき提案をしたのである。

 その2日目は新鎌ヶ谷駅を目標にしていたが、せいじが足を痛めたことでペースダウンし、たどり着くのは難しくなった。すると福澤は目標を6駅手前の柏駅にする代わりに、1駅間だけ列車を利用できる権利を翌日に持ち越しさせてほしいとお願いしたのだ。

「列車利用権利を獲得したのは山之内。山之内とせいじは2日目までの出演で、3日目は別の人になりますが、2人にしてみれば権利は自分たちが使いたいと考えるのが当然。簡単には飲めない条件です。そこで目標を手前に変更することで了承させた。うっかりキャラからは考えられない交渉術でした」(テレビ誌ライター)

 だが、目標を手前にすれば、最終日となる3日目の距離は増えることに。ただ問題を先送りにしただけで、決して上策とは言えないとの指摘も。

「それも福澤には考えがあったようです。新鎌ヶ谷駅までの東武アーバンパークラインは駅間が短めなんです。それに対して3日目の京成成田空港線は駅間が長い。同じ1駅でもかなり違います。鉄道利用権利を使うなら、2日目ではなく3日目のほうがいい。福澤は鉄道好きですから、この辺の計算は事前に頭の中にあったのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 そんな鉄道利用術を駆使しても、結果は失敗に終わった。だが、千原せいじが足を引っ張った絶望的な状況から、あと少しの所まで持っていくことができたのは策のおかげと言えるだろう。うっかりミスをすることなく、見事な手腕を発揮した福澤朗。次の旅でどんなアイデアを見せてくれるのか楽しみだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西武・松井稼頭央「45試合でクビ」はまだマシ…球界「超短命監督」の悲しすぎる歴史
2
年内に大関、来年は横綱へ!石川県が生んだ「史上最強候補」大の里にブレーキをかける唯一の「課題」とは
3
高額チケット代に見合ってない!ソシエダ久保建英の凱旋ツアーがファン泣かせの「三重苦」だった
4
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
5
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴