芸能

TV美女「至宝ファーストDVD鑑賞会」(1)深田恭子のアンダーウェアが浮き上がって…

 映画やドラマで主演を張る人気若手女優たちにも、デビュー間もない下積み時代があった。中には、若気の至りでは済まされない至宝ショットが収録された作品も──。

 今や押しも押されもせぬトップ女優の一人、綾瀬はるかも、デビュー当初はグラビア活動がメインだった。ファースト写真集「birth」(集英社)で水着姿でのM開脚をさせられたかと思えば、02年発売のイメージDVD「treasure~たからもの。」(ポニーキャニオン)では、握ったナスを擦る艶演出まで披露するなど、かなり際どい仕事もしていたのである。

 そんな彼女のDVDデビュー作が、01年に発売された「JUMP! Haruka Ayase」(バップ)だ。

「制服姿を披露したり、繁華街の散歩を初体験したりと、いかにも初々しさを強調した演出が散りばめられているのですが、何と言っても特筆すべきはキャミソール姿で水着姿などの艶っぽいショット。黒水着を着て海岸を走るシーンや縄跳びに挑戦するシーンでは、のちに女優として成長する武器となったFカップがプルンプルンと前後左右に激しく躍動する。しかも、走る、揺れる、スローで流れるハァハァという吐息…と文句なしのムフフ演出です」(芸能ライター)

 大女優となった今ではなかなか許されないであろう、胸元のアップもふんだんに盛り込まれていて、綾瀬ファンならずとも必見だ。

 同じホリプロでも、綾瀬と違ってデビュー直後は正統派の美少女アイドルだったのが深田恭子。

「99年発売の『for me』(ポニーキャニオン)では、室内でピアノを弾くなど知的でしっとりとした表情を見せたかと思えば、バンダナ生地のショーパンに水着姿の海岸ロケでは、ものをじせずにハジけた笑顔を見せるから、さすがは大物。96年のホリプロスカウトキャラバン・グランプリとあって、事務所から大切にされていたせいか、用意された水着がやや大きめ。しかしこれが災いし、左側のアンダーウェアが浮き上がってしまうアクシデントが収録されています。16歳のムッチリな下半身具合も堪能できる。日焼け跡が艶めかしく、右上のホクロが妙に艶っぽかったですね」(前出・芸能ライター)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!
4
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
5
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題