芸能

〈グラビアから女優〉大出世番付2022(4)柳ゆり菜、市川由衣は水着を脱ぎ捨てる大胆さも…

 さて近年、トップ級のグラドルたちが映画で一糸まとわぬ姿を披露することが続いている。姉のいろはとともにグラビアで活躍した柳ゆり菜は、18年の「純平、考え直せ」(アークエンタテインメント)で、野村周平を相手にベッドシーンを披露。今野杏南は、菅田将暉が映画賞を総ナメにした「あゝ、荒野」(17年、スターサンズ)で、美乳もあらわなベッドシーンのお相手となる。

 さらに市川由衣は主演の「海を感じる時」(14年、ファントム・フィルム)で、池松壮亮から「体目当ての都合のいい女」と扱われる役を、カラミもふんだんに果敢に演じた。

 そして04年にデビューした山崎真実は近年、幸薄女優として再評価されている。2月に公開された「西成ゴローの四億円」でハードな役を熱艶。「木村多江の後継者」としての幸薄女優になれるかどうかの分岐点であるようだ。

 番付に戻ると、東前頭3枚目に川村ゆきえが入った。美少女研究家・高倉文紀氏が解説する。

「グラビア時代は世代のナンバー1に輝き、その後、ブランクを経て女優に転向しました。NHK朝ドラの『どんど晴れ』(07年)が女優デビュー作でしたが、女優向きの雰囲気は、すでに最初からありましたね」

 ここ数年は映画・ドラマともに新作がないので、そろそろ本腰を入れてもらいたいところだ。

 グラビア界に燦然と輝く「雛ポーズ」を考案した雛形あきこは西の前頭3枚目。

 「96年秋に始まった斬新なグラドル番組『BiKiNi』(テレビ東京系)のMC担当で、ここから山田まりや、嘉門洋子、柳明日香、吉田里深、安西ひろこ、川村ひかるらを輩出した。MCとしての雛形が与えた影響は大きく、グラドルの先輩・お姉さん格として、90年代アイドルバラエティーやMCのあり方を確立。もともと子役時代の素養もあり、女優仕事もすぐに適応。名バイプレーヤーとして君臨しました」(芸能評論家・織田祐二氏)

 小池栄子や雛形あきこと同門だった佐藤江梨子も女優志向は強かったが、残念ながら同性の支持が薄いことで、今ひとつ時流に乗り損ねた感はある。さらに、逃した魚は大きかったのが「フジテレビビジュアルクイーンオブ・ザ・イヤー」で世に出た沢尻エリカだ。前出・高倉氏が才能を惜しむ。

 「出世作の『パッチギ!』(05年、シネカノン)や、主演ドラマの『1リットルの涙』(05年、フジテレビ系)など、ハーフ特有のビジュアルのインパクトもあり、本当に盛り上がっていました。集大成となる大河ドラマ『麒麟がくる』(20年)の放送前に事件を起こしたのが残念です。ただ、復帰待望論は強く、今も所属事務所には籍を置いているので、また登場する日を期待したいですね」

 グラビアは女優の宝庫である。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化