芸能

逸見政孝「ガン公表」までの「隠密手術」と妻の「土下座」懇願/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史

「本当のことを申し上げます。私が今、侵されている病気の名前、病名は、ガンです」

 都内の記者会見場で無数のフラッシュを浴びながら、人気司会者の逸見政孝氏がこんな衝撃告白をしたのは、1993年9月6日、午後3時過ぎだった。

 当時、ガンは不治の病と言われた。ガン=死という意味合いもあって、多くの視聴者がこの言葉に釘付けになったのである。

 人間ドックで逸見氏の体に「初期の胃ガン」が見つかったのは、この年の1月。手術により、それが悪性度の高い進行性ガンであると判明した。5月を過ぎた頃には腹の手術創が化膿したように隆起していたとされるが、逸見氏と親しかったテレビ関係者は時を経て、私の取材にこう答えている。

「まだ本人への告知が一般的ではない時代。主治医も逸見さんや家族に『早期発見』だと説明していたんですね。そのため、入院した逸見さんも十二指腸潰瘍と偽り、1カ月休養。胃の4分の3を摘出する手術を受けて仕事に復帰したのですが、根本的な治療が施されたわけでもないため、数カ月後にガンが再発した。それでも夏休みを利用して手術を受けるなどして、複数のレギュラー番組をこなしていたんです」

 ところが回復するどころか、容体は悪化するばかり。しかも「別の医師に診てもらった方がいい」という家族の言葉に対し、逸見氏は「ガンを見つけてくれた先生に失礼だ!」と耳を貸そうとしない。最後は妻の晴恵さんが土下座して、9月3日の朝、東京女子医大病院を来訪。「進行性のスキルス胃ガン」と告げられることになる。

 会見の前夜、逸見氏は1人自室で、話す内容や構成を繰り返し熟考したというが、前出の関係者が振り返る。

「とにかく本人としては、臆測で記事を書かれるのは本意でない、という思いがあったのでしょうね。ただ、命の期限を宣告された人間が、自分自身のことをあれだけ客観的に語れるとは…。あの精神力には本当に驚かされました」

 会見の終了直前、「生還してください」という報道陣からのエールに、「闘いに行ってきます」と応じた逸見氏。だが、そんな思いも天には届かず、3カ月後の12月5日、家族に見守られながら静かに息を引き取った。享年48。

 逸見氏が命を懸けて行ったこの会見により、まだ一般的でなかった「セカンドオピニオン」が世間に広がるきっかけになったことは、紛れもない事実である。まさに、ガンという病気に対する世間の認識を大きく変える記者会見だったのだ。

山川敦司(やまかわ・あつし):1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
秋山翔吾が縁もゆかりもない広島カープ移籍を決断した「批判禁止」の掟
2
本田真凜は「5兄妹の次女」ファミリーでただ一人伏せられる「謎の姉」
3
ヤクルトに「優勝はやめて」懇願するフジテレビ中継の困惑と悲哀
4
村上佳菜子「こぼれ出るバスト」「ドテ高」が大注目された「脱ポチャ」ボディ
5
岡田有希子「ガス自死未遂後の飛び降り死」で判明した「遺書」の中身/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史