芸能

「ちむどんどん」黒島結菜とくっつくのは誰なのか!?本命・当て馬・大穴を大胆予想!

 なにかと悪評も多いNHK朝の連ドラ「ちむどんどん」。視聴率が伸び悩んでいるが、それはそれとして、主演の黒島結菜扮する比嘉暢子が今後、誰と恋仲になるのか。大胆に予想しながら見るのも、朝ドラの醍醐味のひとつだろう。ドラマライターが解説する。

「本作の大筋は、暢子(黒島)が料理人を目指し、ゆくゆくは沖縄料理の店を開く、という彼女の成長と家族の絆の物語。ここ数週間は、暢子が料理人を目指して故郷を離れ、東京・銀座のイタリア料理店『アッラ・フォンターナ』で働くという縦筋に加え、川口春奈扮する姉・良子の結婚&子育て&離婚問題が勃発。上白石萌歌扮する妹の歌子は就職するも、体調の都合で退職し、同時に失恋も経験。竜星涼扮する長兄・賢秀は、相変わらず金銭面でグダグダ…など周囲のドタバタぶりも、ともに描かれています」

 暢子には今のところ、恋愛感情らしきものの伏線があまり見られないとして、ドラマライターが続ける。

「小学生時に、父親の仕事の都合で本土から一時、転校してきた中学生の青柳和彦と仲良くなります。和彦が暢子に好意を持っていく様は分かりましたが、暢子自身がハッキリとそれを『初恋』と意識したのかどうかは疑問。黒島が出演し始めてからも、陸上部の男子など、暢子に対して好意を寄せる男性はその都度います。ですが、鈍感な暢子は気付きません」

「恋せぬふたり」など、時代の先を読んだドラマに果敢に挑戦するNHKゆえ、「結婚しない」という選択肢もあるのかもしれないが、

「大本命は、宮沢氷魚扮する和彦でしょう。ただ彼には、東京で再会した時点で交際相手(飯豊まりえ)がおり、暢子もそれにショックを受けている感じがありません。当て馬は同郷の幼なじみで、暢子を追って東京に出てきた前田公輝扮する智。子供の頃から思い続けていますが、暢子はこれにも全く気付いていない。そしてダークホースは、職場の先輩で井之脇海扮する矢作。ちょっとぶっきらぼうですが、有村架純主演の『ひよっこ』パターンで、毎日一緒に働いている職場仲間から…というのも、わずかですが、可能性としてはありそう」(前出・ドラマライター)

 いずれにせよ、ビターエンドでなく、朝ドラらしく、見た後にハッピーになれる結末を用意してほしい。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス