社会

小保方氏が培養し続けた黒い“煩悩細胞”(1)大学時代から高級ブランドを身につけて

20140417c

 所属する理研から論文の「捏造」と「改ざん」の烙印を押された小保方晴子さん。その足跡をたどると、どうにも信用しづらい「コピペ人生」が透けて見えてくる。“教授コロがし”でのし上がり、ブランド品に身を包みホテル暮らしする謎の資金源‥‥彼女が培養し続けた黒い「煩悩細胞」を告発する!

 小保方晴子さん(30)の研究論文を、所属する理研が「捏造」「改ざん」と断じたのは、4月1日のことだった。3月中旬の中間報告で頭を下げた野依〈のより〉良治理事長(75)は、小保方さんを「1人の未熟な研究者」と一刀両断、最終報告でもあらためて謝罪をした。その様子を見て、文科省関係者はこう驚くのだった。

「研究姿勢に厳しい野依先生は、『鬼軍曹』と呼ばれています。ノーベル賞受賞者が公衆の面前で2度も頭を下げたのですから‥‥日本科学界の権威が地に落ちたということです」

 ノーベル賞級と絶賛された小保方さんの「STAP〈スタップ〉細胞」は、その衝撃の大きさから、論文検証サイトで彼女の論文をチェックする動きが世界規模で起こり、今回の騒動につながった。

「論文の写真の1枚が切り貼りされたものでした。もう1枚、今回の発見に無関係な写真を自身の博士論文から使い回しました。これらが『捏造』『改ざん』と判断されたのです。小学生の夏休み観察日記ではないのですから、科学論文としては絶対にしてはいけない行為です」(前出・文科省関係者)

 理研の判断に対して、小保方さんは、

「悪意のない間違いなのに、捏造だなんてとても承服できません」

 と、徹底抗戦する構えだが、はたしてどれだけの人が彼女の弁明を信用するだろうか。

 小保方さんは千葉県松戸市の公立小中学校を卒業後、進学校の東邦大学付属東邦高等学校に進学。高校時代にはこんな妄想事件を起こしている。同級生が語る。

「バレーボール部のマネジャーになったのですが、1年生の時に、のちに医学部に進学する男子部員に片思いした。その彼にストーカーさながらに付きまとった結果、顧問の先生から厳しく注意を受けた」

 その後、彼女は友人たちに泣きながらこう猛抗議したという。

「だって私、彼女だもん!」

 両者の間に交際の事実はなく、これは妄想だったようだ。

 02年、小保方さんは、早稲田大学理工学部応用化学科に進学する。東大クラスの難易度だが、彼女は面接と作文だけのAO入試で入学している。札幌国際大学の大月隆寛教授が解説する。

「受験勉強だけじゃわからない才能を拾い上げる、といった趣旨で最初は始まりました。本質的には『競争』を避けて、特別な『個性』として認める装置として機能している面はあるでしょう。ここ数年の傾向では、AO的な『競争』回避の入試を高校生も否定するようになってきていて、ちゃんと一般入試を受けて入学したいという生徒が増えてきているようです。高校側もそういう指導に方針転換し始めています」

 大学時代はラクロス部に所属し、「はるごん」のニックネームで呼ばれていた小保方さん。

「私、ヴィヴィアンしか着ないの」「本店から案内状が送られてくるの」と得意気に話すなど、高級ブランド「ヴィヴィアン・ウエストウッド」は大学生時代からご愛用だったという。そのまま早稲田大学の大学院に進学、07年に「応用化学会」から奨学金を取得する。

「私は幼き頃から研究者を目指し、特に再生医療に強い興味を持っていました」

 と、応用化学会のサイトで自己紹介している彼女だが、早稲田大学教員関係者はこう語るのだ。

「大学生の時に、彼女が学んでいたのは化学で、『細胞』の研究を始めたのは、大学院からです。幼い頃から再生医療を目指していたのであれば、大学から生物学の専門学部などに進むと思います」

 そして彼女は留学し、3人のオヤジ研究者を“コロがし”始めるのだった。

◆アサヒ芸能4/8発売(4/17号)より

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
2
小川直也が22年後にバラした「猪木の絶対指令」橋本真也を殴る蹴る/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
幸運を呼ぶ新幹線点検車両「ドクターイエロー」が引退!「撮影会と体験乗車」は必ず見られる最後のチャンス