芸能

長澤まさみ「色香互助会」に新・豊満バスト会員が殺到!(2)田中みな実と指原莉乃が五分の「兄弟盃」

 最大派閥の対抗勢力もまた、急拡大を遂げていた。

 女優の田中みな実(35)とタレントの指原莉乃(29)の2大巨頭による「みな実連合会」である。

 もともとの派閥の立ち上げは、2~3年前のこと。指原を中心にメンバーが集結し「指原一家」を立ち上げた。

「番組の共演をきっかけに、フワちゃん(28)やお笑いコンビのシソンヌ・長谷川忍(43)らが親交を深めていき、コロナ禍でも、オンライン飲みをしているうちにメンバーが増えていきました。ゴールデンでMCを務める指原に、バラエティー番組のアンケートの書き方や臨機応変な対応の仕方などの助言を聞く、真面目な作戦会議も行われています」(テレビマン)

 そこに新風を吹き込んだのが田中だ。「美のカリスマ」として女性ファッション誌で頭角を現すと、トークバラエティー番組「グータンヌーボ2」(フジテレビ系)で一緒にMCを務めた長谷川京子(44)や西野七瀬(28)と美容トークに花を咲かせ、お互いの自宅を行き来する間柄に発展する。

「20年8月に事務所を移籍して、本格的に女優業に進出すると、ドラマや映画のキャリアを重ねるたびに共演者から美容のアドバイスを求められ、アッという間に“みな実信奉者”の輪が広がった」(テレビマン)

 指原もまた、例外ではなかった。メイクだけではなく、ボディケア談議でも盛り上がり、田中の自宅で手料理をご馳走になるほどの急接近。意気投合した2人は、五分の兄弟盃を交わすや、長澤会を脅かすほどの大所帯になり、第2勢力を形成するまでに。

 一方、かつては小泉会に迫る勢いで注目を集めた、お笑いコンビのハリセンボン・近藤春菜(39)を筆頭にした「春菜会」は、影を潜めた。芸能デスクがその理由をこう語る。

「春菜と吉高由里子(34)の親交からスタートしましたが、テレビ番組でイジられるようになり、春菜自身が『春菜会』と呼ばれることに嫌気が差したよう。メンバーのつながりは健在だし、昨年3月に日本テレビ系の情報番組『スッキリ』を卒業して時間は空いたけど、積極的にメンバーを増やすことはないと思います」

 老舗組織の栄枯盛衰をよそに、台頭してきたのが若手女優の永野芽郁(22)を領袖に広がりを見せる「永野会」の存在だ。

「メンバーも豪華で、親友の今田美桜(25)と奈緒(27)を筆頭に実力派の中堅や若手が集まってきました。繁華街で派手に飲み歩くわけではなく、自宅やおしゃれなカフェで女子トークをすることが多いとか」(スポーツ紙記者)

 このままいけば、若手女優の新加入を巡って、長澤会と争奪戦になることは必至。数の論理では圧倒的に不利な状況も、頼もしい存在が後見人になって後押ししていた。

「19年にはドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)の第6期に今田が出演し、ラストで実家の青森に帰った設定でした。しかし、主演の米倉涼子(47)やスタッフのウケがよく、2年後の第7期も続投。それくらい米倉は今田に目をかけていて、“後ろ盾”とも言える存在です」(芸能プロ関係者)

 さらに、幅広い人脈を持つ女優の水川あさみ(39)が永野と距離が近く、相談役としてドンと構えている。他の派閥が侮れないほどの新興勢力として浮上しているのだ。

 この先も長澤を中心に、派閥のパワーバランスは目まぐるしく変化していくことになりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」