社会

「失礼しちゃうわ!」東京・新宿2丁目のオネエがブチまけた「サル痘は男色コミュニティーで蔓延」への怒り

 ついにアフリカ以外の地域(ブラジル、スペイン、ペルー、インドなど)でも死亡者が確認され始めた「サル痘」。このサル痘を巡っては、欧米での感染確認が相次いだ当初から「感染は男色コミュニティーを中心に広がっている」と指摘されてきた。

 事実、イギリスのロンドン大学クイーンメアリー校の研究者らが、世界で最も権威のある医学雑誌として知られるNEJM(ニュー・イングランド・ジャーナル・オブ・メディスン)誌のオンライン版(7月22日号)で公表した国際共同研究結果でも、「感染者の98%は男色愛好家またはバイの男性」と報告されているのだ。

 そんな中、東京における男色コミュニティーの聖地とされる東京・新宿2丁目界隈で飲食店を営むオネエたちの間で今、静かな怒りの声が上がり始めている。古参のオネエの1人も憤懣やるかたない面持ちで、

「エイズだって、最初は男色愛好家やバイに特有の病気、って言われてたでしょ。でも、全然違ってたじゃない。サル痘だって同じよ。女だって感染するんだから。こういう偏見はもうヤメにしてちょうだい、って言いたいわよ。ホント、失礼しちゃうわ!」

 秘めたる怒りをこうブチまけた上で、さらに界隈の窮状をこう明かすのだ。

「つい最近も、冷やかしで来た客から『オネエ、サル痘の方は大丈夫か』って、からかわれたのよ。『あなた、ふざけんじゃないわよ!』って言い返してやったら『つまんねえ店だな』って言って出ていっちゃったわ。大きな声では言えないけど、ウリ専の子なんかは、客は逃げるし、感染も怖いしで、パニックになっちゃってるわよ」

 実際、エイズがそうであるように、サル痘もまた「誰にでも移り得る感染症」である。WHO(世界保健機関)のテドロス事務局長も、同性の愛好者間での感染リスクを認めた上で、「偏見や差別はどんなウイルスよりも危険である」とクギを刺している。

 エイズが蔓延し始めた時の過ちを繰り返してはならない、ということだ。

カテゴリー: 社会   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
しれっと復帰の三浦瑠麗さん、「6.21地上波テレビ出演」の渡部建に「鋼のメンタル」を与えてやって!
3
日本代表GKが明かした「静岡名物監督」の激ヤバ破天荒「負けたら選手を罵倒した」
4
リーグ戦再開でも騒がしい「しんどいから今年で退任」阪神・岡田彰布監督の取り扱い問題
5
鉄道ファン騒然「青春18きっぷ」夏用の販売中止を裏付ける「決定的証拠」が出た!