スポーツ

「柔道五輪3連覇」野村忠宏が今も忘れない「谷亮子にムカついたこと」

 昨年開催された「東京五輪2020」で今も印象深いのは、国立競技場内の聖火ランナーの元女子レスリング・吉田沙保里氏と柔道五輪3連覇の野村忠宏氏が、長嶋茂雄氏、王貞治氏、松井秀喜氏にトーチキスをしたシーンだろう。

 だが、このメンバーの中で、野村氏だけが国民栄誉賞を受賞していない…。

「なんで野村さん、もらえへんねん!」

 と憤りを見せたのは、MLBでも活躍した元巨人・上原浩治氏だ。8月12日、自身のYouTubeチャンネル〈上原浩治の雑談魂〉に野村氏を招いてのことだった。

 96年「アトランタ五輪」で初の金メダルを獲得した野村氏。大功績には違いなかったが、野村氏は冷静にこう振り返るのだ。

「その上を行く、ヤワラちゃんがいる。同じ日にヒーローは2人いらんからさ」

 ヤワラちゃんこと、田村亮子(現、谷亮子)は、この五輪で銀メダルに終わった。だが、翌日の新聞には、

「田村、まさかの銀。野村、まさかの金」

 と書かれたのだった。しかし、野村氏は今も前向きに捉えているようで、

「講演に行ったときに、このフレーズがいちばんウケるのよ。(中略)その当時はムカついたけど、今となってはいい思い出であり、ネタになる。いいネタになるのは、だいたいヤワラちゃん絡みね」

 ちなみに、国民栄誉賞の第1号は、通算本塁打が世界記録を更新した王氏(77年)。柔道家では、84年のロサンゼルス五輪で金メダルを獲得した山下泰裕氏が第1号だが、以降、柔道家からは選出されていない。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
2
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」
3
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
4
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
5
「練習すると風が止む」武田修宏のモテすぎ伝説「広瀬すずの叔母と交際していた」