女子アナ

高橋真麻の自宅に大事件発生!不気味な現象を引き起こした「侵入者」は誰だ

 第2子妊娠を発表したフリーアナの高橋真麻に、大事件が発生した。真麻が8月12日のブログで明かしたところによると、自宅の敷地内にある巨大な冷凍庫のドアが全開になり、中のものが全てダメになってしまったというのだ。

 気になるのは「犯人」だが、真麻が閉め忘れた可能性は考えにくい。夫はそもそも冷凍庫に触ることがなく、娘の力では開かない。

 なんとも不思議である。高橋英樹夫婦は現在、蓼科で避暑中ということで、不在。風などの自然現象で開く可能性もないという。結局、「犯人」が特定できないまま、時が経過した。

 この冷凍庫は冷蔵庫のような大きさで、業務用に近いもの。冷凍食品、その他の食材をたっぷりと入れておける。実際に利用したことがある週刊誌記者によると、

「真麻がブログで紹介した冷凍庫とほぼ同じものが、実家にあります。室内には置く場所がないので、ガレージの横に設置してあるんです。近所の漁師からもらった魚や、業務用スーパーでまとめ買いした肉などを入れています。冷気を逃さないようしっかりと頑丈に作られていて、ドアの開け閉めには大人がかなりの力をかける必要があります。真麻が言うように、風や自然に開くことはない。誰かが開けたと考えるべきでしょう」

 真麻はそれほど問題視していないようだが、外部から何者かが侵入した可能性もあろう。であれば、「事件」へと繋がりかねない。

「妊娠中の真麻は、犯人に立ち向かえるような状態ではない。夫も娘を守るのに精いっぱいでしょう。同居している高橋英樹が不在であることを、犯人が知っていた可能性もある。誰が何のためにやったのか。愉快犯なのか。真剣に対応してほしいですね」(前出・週刊誌記者)

「事件」はいかなる結末を迎えるのか。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
村上宗隆もヒヤリ!ヤクルト歓喜のビールかけで田口麗斗が絶叫した「禁断のセリフ」