芸能

異端発掘!ニッポン「ロック革命的名盤」/東洋思想と精神世界観「ファーラウト」の早すぎた実験的サウンド

 ベルベット・アンダーグラウンドの「バナナ」や、ピンク・フロイドの「見返り乳牛」に匹敵する、ロープに洗濯ばさみで吊るされた軍手のジャケット。タイトルもバンド名もなし。それが、73年にコロムビアからリリースされた「ファーラウト」唯一のアルバム「日本人」だ。

 ファーラウトとは、マリファナを吸い、サイケデリック・ミュージックを聴いていたヒッピーたちの間で、ドラッグにより引き起こされる「飛ぶ」という現象のスラング。

 そんなバンド名で、リーダーの宮下文夫(vo)を中心に、元頭脳警察の左右栄一(g)、石川恵(b)、前田トミオ(dr)によって71年に結成。彼らは当初、ブリティッシュ・ハードロックに傾倒していた。

 だが宮下が、元ランチャーズのギタリストで琵琶奏者に転向した喜多嶋修とのコラボ・アルバム「新中国」制作に参加したことで、徐々に「東洋思想」を好むようになり、それが明確に打ち出されたのが、ピンク・フロイドの「おせっかい」や、ムーディー・ブルースの「夢幻」を彷彿させる、A面「Too Many People」、B面「日本人」の2曲のみで構成された、このアルバムだった。

 両曲とも、スペイシーなサイケデリック・ロック・サウンドが展開される、20分弱の長尺。宮下のヴォーカルとムーグに絡み合う、左右のフリーキーなギター。ドラムスが前田からアライ・マナミにスイッチされ、さらに「新中国」の同志たる喜多嶋修と、フラワー・トラベリン・バンドのジョー山中がゲスト参加したことで、より精神世界観を意識した作りになっている。

 彼らの中で起こった化学反応によって、タンジェリン・ドリームやクラウス・シュルツらのジャーマン・ロック・アーティストが試みた実験的な音作りに、東洋的なメロディーが加わることとなり、それが当時の日本ロック界にファーラウトという比類なきバンドを形成させることになったのである。

 しかしなにぶん、現れる時代が早すぎた。

 ファーラウトはこのアルバムをリリース後、メンバーチェンジを経て、74年夏の日本最大のロック・コンサート「ワン・ステップ・フェスティバル」に参加するも、音楽的方向を決められぬまま、解散。

 その後、宮下は東洋的なコンセプトをさらに発展させるべく、伊藤明、高橋正明(後の喜多郎)らと、ファー・イースト・ファミリー・バンドを結成。日本におけるスペース・ミュージックを欧米に知らしめていくことになる。

(山川敦司)

1962年生まれ。テレビ制作会社を経て「女性自身」記者に。その後「週刊女性」「女性セブン」記者を経てフリーランスに。芸能、事件、皇室等、これまで8000以上の記者会見を取材した。「東方神起の涙」「ユノの流儀」(共にイースト・プレス)「幸せのきずな」(リーブル出版)ほか、著書多数。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊達綱宗に5億円を要求!身請けされても指1本触れさせず斬殺された「悲劇のトップ花魁」
2
38歳で完全に浜崎あゆみ路線!AAA宇野実彩子の過激化に賛否勃発も「一度露出したら止められない」
3
撤退バイデン「老害批判」のトランプに「当選すればお前こそ老いぼれ大統領」最高齢記録更新の大ブーメラン
4
【ヤバイぞコロナ】5類移行後の「最大波」が襲来!過去の免疫をいとも簡単にすり抜ける「新変異株」の正体
5
「巨人軍は冷たい。それは今も感じている」西本聖が嘆いた現役時代の「仕打ち」