社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<ビタミンD不足>日光浴が少ないと骨粗鬆症の危険も!?

 残暑が厳しい日が続き、昼間は外出を控えてしまう人も多いが、そんな人は「ビタミンD」の不足に注意が必要だ。

「ビタミンD」は、脂溶性のビタミンで、腸管からのカルシウムの吸収を助けたり、骨の成長促進や血中のカルシウム濃度を調節する役割がある。不足すると、副甲状腺ホルモン(PTH)のバランスが崩れて、血中カルシウム濃度が上昇。結果、骨粗鬆症になる危険がある。骨粗鬆症は、骨の中がスカスカになり、モロくなるために骨折のリスクが高まる。

「ビタミンD」は、日光と食品からの摂取が有効だ。紫外線に当たることにより、体内で合成することができるため、十分に日光に当たっている場合には、食品からのビタミンの摂取量が、多少不足しても問題ない場合が多い。

 生成に必要な日光浴の時間は、冬の期間は日差しが弱いため1時間ぐらい必要だが、夏場は5分程度で十分である。ただし、日焼け止めを塗っている場合には、ビタミンDの合成量が低下してしまう恐れがある。起床時に窓を開けて日光に当たることもオススメだ。

 食品からの摂取は、魚類やキノコ類だ。特に多く含まれているのは、いわし、鮭、サンマだ。20歳以上のビタミンD摂取の目安量は、1日8.5マイクログラムと言われている。鮭にはおよそ25.6マイクログラム(1切れ)、サンマは11マイクログラム(1尾)含まれているので、これだけで1日の目安量を摂取できると言える。

 しいたけは、生しいたけに比べて、干ししいたけのほうがより多く含まれる。紫外線に当たるとビタミンDに変わる成分「エルゴステロール」が含まれているので、生のしいたけを天日干しにしてもいいだろう。

 ただし「ビタミンD」の摂りすぎは腎機能障害の原因にもなるので、注意が必要だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり【2024年6月BEST】
4
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
5
吉沢京子「芦屋夫人」を捨てた離婚と「中村勘三郎との6年愛」仰天告白/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史