事件

「園児バス置き去り事件」で注目「スクールバス王国」アメリカで採用される意外な有効手段とは

 静岡県牧之原市の幼稚園で、送迎バスに3歳の女の子が取り残され亡くなった事件が、いまだ波紋を広げている。

 9月7日に行われた幼稚園側の会見では、園児の人数確認について「4つのミスがあった」との釈明とともに「バス下車時に、乗車名簿と下車する子供を照合する決まりが伝えられていなかった」「園児がバスに取り残されていないか、ダブルチェックする体制になっていなかった」などの事実が判明している。

 そんな中、ネット上では今後の再発防止策として、どのような対応をとればいいのかについて、次のような意見が上がっている。

「バスに乗る際に、園児の靴を脱がせればいいと思う。降りる時に靴が余っていれば、すぐにわかる」「バスの駐車中は、ドアを開けっぱなしにしていればいいのでは。降り忘れてもすぐに外に出られるし」「センサー付きの名札をつけて、バスに入った人数と出た人数が違ったらアラートが鳴るというのは?」──。

 交通ジャーナリストが、こうした意見について解説する。

「連日情報番組では『管理がずさんだった』『なぜ確認しなかったのか』などと幼稚園の管理体制をヤリ玉に上げていますが、ヒューマンエラーを責めたところで、何の解決や予防にもなりません。次に同じことが起きないようにするにはどうしたらいいかを考えることが重要でしょう。乗車時に『靴を脱ぐ』という提案は少なからず出ていますが、もし事故などがあった場合に、素足ではケガをする恐れがあることから、あまり現実的ではない。もっとも、こういう意見を交わすことが、なにより重要なんです」

 スクールバスが多く使われるアメリカでは、バスが到着して運転手がエンジンキーを抜くと、その瞬間、バス内にアラームが鳴る。このアラームを消すためには、運転手がバス内の最後部にあるリセットボタンを解除する必要があるという。

 これならばバスの中を往復する間に車内を確認できるため、かなり有効な対策といえるだろう。かなりアナログだが、実はこのような簡単な方法が有効なのかもしれない。

(ケン高田)

カテゴリー: 事件   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
2
WBC「代替枠4人」候補に挙がる落選組「ベテラン投手」の名前
3
「料理はプロ級の腕前」なのに…木村文乃が打ち明けた「衝撃の事実」
4
トヨタ社長交代でカーマニアが沸き立つ「あの名車」復活劇
5
習近平のウソつき癖が治らない「春節期間中にコロナ感染爆発は起きなかった」の「死者隠蔽」実態