芸能

思い込みに幻聴まで…太川陽介のミス連発で過熱する「バス旅のプロ」限界論

 みずから「バス旅のプロ」を名乗り、冴え渡るバス乗り継ぎ術を見せてきた太川陽介。そんな太川にも、衰えを指摘する声が上がるようになった。加齢からくると思われる、小さなミスを連発するようになったからである。

 9月14日の「水バラ」(テレビ東京系)で放送された「ローカル路線バス乗り継ぎ対決旅 陣取り合戦第9弾in富士山麓」でも、以前では絶対にしなかったであろうミスを連発。将来を心配する声が上がっている。

 まず、同回で太川は、山梨県甲斐市内をバスで移動中、信玄堤公園の位置を乗客に聞いた。地元の高校生から、次のバス停で降りれば近いはずという情報を得ると、それを信じてバスを降りようとしたのである。バスの運転手に情報を確認すると、近くないことが判明。いったん降りたバスに再び乗るという失敗をしでかしたのである。

「これはルイルイらしくないミスでした。地図を見れば、次のバス停から信玄堤公園まではかなりの距離があるのがわかったはず。おそらく太川も『おかしいな』とは思っていたのでしょう。だから運転手に聞いた。何とかリカバリーしましたが…」(テレビ誌ライター)

 南アルプス市の和菓子店を訪れた時も、勝手な思い込みからミスをした。お店が開いているのか確認するため、バスに乗ったままお店の前を通過し、開いていれば次のバス停で降りる作戦。車内から見るとのれんが出ていたため、太川は「開店している」と判断。店内が暗いことからまだ開店前だとしたチームメイトの声も聞かずに、バスを降りた。すると店はオープン前。太川はガックリと肩を落とした。

「太川の老化を象徴するようなシーンもありました。屋外で地図を見ていた太川は急に『鳥の声? 陣取られました(相手チームが陣を取ると携帯にメールが届き、その時の着ボイス)とか言ってない?』と言い出した。着ボイスではなく、ただの鳥の声でした。聴力が弱ってきているのか、あるいは幻聴が聞こえるようになっているのか。暑さのせいにしていましたが、太川が心配になりました」(前出・テレビ誌ライター)

 そんなミスをしながらも、勝利を収めたのはさすが。太川にとって多少の衰えなど、気にするほどのことではないのかもしれないが…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「男闘呼組」成田昭次がついに受けたインタビューでも語らない「薬物の話」
2
平愛梨に真野恵里菜…次々にゴールを決めるサッカー選手に“怨嗟”の声
3
吉岡里帆「監督に叱られた無名時代」ブレイクのきっかけは新垣結衣だった!
4
阪神の「夜遊び帝王」糸原健斗に忍び寄る「アレ流」レギュラー剥奪危機
5
スペイン戦直前…本田圭佑が放った「権力者は退場せよ」猛烈批判の真意