社会

「ナチス関連書籍」掲載で通販カタログ「自主回収」騒動が「やりすぎ」と擁護される理由

 通信販売大手の千趣会は9月20日、通販カタログ「ベルメゾン」2022年秋号でモデルの女性がナチスドイツの第三帝国と関連する書籍を持った写真を掲載したとして、自主回収すると発表。通販カタログ編集者が事情を説明する。

「問題の写真には笑顔のモデル女性が、イタリア語で『第三帝国の建設』と題された書籍を持ち、『わくわくする本が見つかったら、一人での帰り道も楽しい』というキャッチが添えられていました。同社によれば、9月中旬頃に読者からの指摘で把握したといい、20日には会員にメールで『意に反して不適切な表現をしてしまいました』と謝罪。『旧国家社会主義ドイツ労働者党、及びそれに関する組織等を一切支持しておらず、本件で被害に遭われた方々を傷つける意図もございません』と理解を求めています」

 事態を重く受け止めた千趣会は、カタログの自主回収を明らかにしているが、これには「やりすぎではないか」といった声も少なくない。

 悪意がないのであれば自主回収までする必要はない、さすがに本のタイトルがイタリア語では気付かない、というのがその理由だ。流通ジャーナリストがこれに理解を示しつつ、補足する。

「なお、『第三帝国の建設』はドイツ人ジャーナリストで建築史家のアンナ・テウトが建築分野におけるナチス支配の影響を記した研究書で、ナチスドイツを礼賛する本ではありません。確かに『わくわくする本』というキャッチが引っかかりはしますが、自主回収するほどのものではないという声が出るのも当然だと思います。ただ、欧州では当然ながら、ナチス問題に非常に厳しい目を向けられているのも事実。早めに事態の鎮静化を図るために自主回収という判断を下したのでしょう」

 やはり賢明な判断だったのかもしれない。

(小林洋三)

カテゴリー: 社会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
3
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
4
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…