芸能

芸能人のあだ名「目鼻口近」「薄情大王」って誰だか分かる?/坂下ブーランの「地獄耳」芸能

 思い起こせば、滝沢カレンが付けた芸能人のあだ名は秀逸だった。先駆者である有吉弘行は、黒柳徹子のことを「クソババァ」としたが、滝沢は「早口国宝」と慮った。

 一方で配慮を見せず振り切ることも多く、高畑充希を「目鼻口近」と言ったり、日本テレビの水卜麻美アナを「肉米肉米」、東野幸治を「薄情大王」と呼ぶ。

 その「薄情大王」も、あだ名付けをすることがある。

 サーフィンばかりしているほんこんを「海くずれ」と呼んだのだ。

「『海くずれさん、今度、ご飯連れてってくださいよ』って1回言ってみたら?」

 と後輩芸人をけしかけている。

 思いつくなり後輩に振るところは、有吉に「2軍のボス」と付けられただけのことはある。

 麒麟の川島明は「笑っていいとも!」に初めて出演した際、タモリから「下駄みたいな顔をしてるね」と言われ、ショックを受けた。

「なんやろう…『下駄みたいな顔をしてるね』はたとえじゃなく『下駄みたいな顔をしてるね』しかない。『皆さんの足を支える』とかじゃないのよ」

 と言って、憤ったのだ。

 さらには「タモリ倶楽部」に出演した際、「お前、台湾の獅子舞みたいな顔をしてるぞ」と言われた。

「また悪口。二枚悪口。いや、ありがたいですよ、嬉しいです」

 もはや、そう言うしかなかったのだ。

(坂下ブーラン)

1969年生まれのテレビディレクター。東京都出身。専門学校卒業後、長寿バラエティー番組のADを経て、高視聴率ドキュメントバラエティーの演出を担当。そのほか深夜番組、BS番組の企画制作などなど。現在、某アイドルグループのYouTube動画を制作、視聴回数の爆発を目指して奮闘中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
5
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」