芸能

蘇る!山口百恵「赤いシリーズ」の“衝撃”(4)秋野暢子が感じた悪役の重圧

20140522j

 それは「甘く、やさしく、ロマンチックなドラマ」とは一線を画する。テレビの向こう側にいる視聴者の首根っこをつかまえ、物語に没頭させるだけの迫力に満ちていた。山口百恵の存在とともに、70年代テレビ史の伝説となった「赤いシリーズ」は、かかわったすべての役者たちを燃え上がらせた──。

「山口百恵の仇役になりますが、いかがですか?」

 秋野暢子のもとに大映テレビからオファーがあったのは、75年のこと。秋野は同年の朝ドラ「おはようさん」のヒロインを務めた直後で、全国区の“さわやかな人気者”になっていたのだが──、

「当時の朝ドラは新人の登竜門で、いかにも“いい子ちゃん”のイメージ。だったら、イジメ役をやるのもおもしろいかなと思ったんですよ。ただ、そっちの印象のほうが強くなってしまいましたけど」

 秋野は大阪出身で、朝ドラもNHK大阪の制作だったため、ここで初めて上京する。こうしてシリーズ第3作の「赤い運命」(76年)の撮影がスタートした。

「セリフは3倍“あえいで”言ってください」

 何のことだろうかと思った。やがて、これこそが「大映ドラマ」の代名詞となるのだが、大げさなくらい感情を込めてセリフを言ってほしいと指示されたのだ。

 秋野は面食らったが、宇津井健や三國連太郎といった重厚な俳優たちがいる。役柄もストーリーもこれまでとは一変するおもしろさがある。むしろ、楽しむような気持ちで取り組んでいった。

 ただし、放映が開始されると、その“逆風”は想像をはるかに超えた。ネットなどない時代である。視聴者は役柄と俳優を混同し、非難の目を向ける。

「覚悟はしていたけど、私の役が回を追うごとに悪くなっていくんですよ。街で子供に石を投げられたり、カミソリの入った手紙が送られてきたり‥‥。むしろ、私よりも大阪の母のほうが悩んでいました。市場に買い物に行っても、何も売ってもらえないということもあったんです」

 百恵演じるヒロインの直子と、秋野演じるいづみは養護施設で育ったが、本来の父親と違う男に引き取られてしまう。回が進むにつれ真実が明らかになっていくのだが、電車で撮影に通う秋野の身にも容赦なく「混同」は襲う。

「大学生らしい男の人が『いづみ、いづみ』って話しかけてくるんです。私に『お前に本当の父親を教えてやろうか』って。演じている私は『知ってるわよ』と言いたい思いを必死でこらえていましたね」

 その“本当の父親”を演じた三國連太郎から、演技のキレの悪さを指摘されたことがある。

「仇役に悩んでいる? 全然、気にしないでやりなさい。これから女優を続けていくうえで、この役をやっておくと幅が広がるから」

 以来、秋野からは迷いが消えた。そしてもう1人、シリーズの顔である宇津井健から「役者のたたずまい」を学んだ。

「控え室でも椅子に座らないので、私も同じように立っていました。それに宇津井さんは炭水化物を口に入れない主義なので、ゴハンを食べるシーンは大根おろしで代用されていました」

 いつも温厚で冷静な宇津井が、一度だけ怒りをあらわにした瞬間を見た。本来の台本に「差し込み」と呼ばれる形で、変更ページが綴じてある。そのホチキスを無言で引きちぎり、現場に緊張感を与えた。

 収録までにすべてのセリフを消化する宇津井のプライドであった──。

◆アサヒ芸能5/13発売(5/22号)より

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
手越祐也の“弁当宅配”に水を差した「道交法違反では?」疑問の声!
2
NHK・近江友里恵アナ「15歳差婚」発覚で“あの若手アナ”に男性人気集中!?
3
「ドクターX」米倉涼子の降板説で飛び交う“2代目大門未知子”仰天候補
4
「肌がピチピチ!」生田斗真は恋人・清野菜名のアソコに惚れた?
5
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃