芸能

森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故

 歌手でタレントの森口博子が9月22日に放送された「ダウンタウンDX」(読売テレビ)に出演。デビュー当時の「NGナシ」の過酷なロケについて語った。

 この日の放送では松本明子や磯山さやかなど歴代のバラドルが出演し、「過酷なロケでトラウマに!」のお題でトークが展開された。

 そんな中で森口が明かしたのが、若手時代、ようやく仕事が入った際に駆り出された「動物のロケ」。知らされたときは海外の動物を紹介するような洒落たロケかと思っていたが、その内容は「雄のロバを口説く」というハードな内容だった。

「そこで流された当時のVTRは、1987年に放送された『鶴ちゃんのプッツン5』(日本テレビ系)のロケ。まだ18歳の森口がターザン姿でロバに馬乗りになり、大股開きで奮闘していました。当時の彼女はすでに歌手デビューしていたものの鳴かず飛ばずの状態で、事務所から『リストラ宣告』まで受けていた頃。同番組は彼女にとって初となる日本テレビのレギュラー番組で、とにかく体を張りまくっていましたよ」(テレビウオッチャー)

 また今回は、こんな逸話も明かされていた。

「売れるために必死だったという森口が、自らも積極的に過激なことをしていたエピソードを紹介。生放送の子供向け番組において、心臓の右心房・左心房・右心室・左心室…と各所を身振り手振りで覚える場面で、『ああん…何か変な気持ちになってきました』と下ネタを繰り出し苦情の電話が殺到したのだとか。この番組は87年から89年まで放送されていた『パオパオチャンネル』(テレビ朝日系)と思われます。子供向けとは謳っていたものの、こちらも大竹まことなどが出演したハチャメチャな番組内容でしたよ(笑)」(前出・テレビウオッチャー)

 今のテレビ番組ではありえない話ばかりだが、今となっては森口の良いネタになっているようだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
5
巨人「外国人獲りまくり計画」にOBが声を荒らげ猛反論