政治

プーチン×金与正「殺人兵器ビジネス」で電撃合体(2)北朝鮮が参戦すれば大戦に

 苦境に立たされたロシアに助け船を出そうというのは、やはり国際社会から爪はじきされている北朝鮮だった。元陸上自衛隊中央即応集団司令部幕僚長の二見龍元陸将補が解説する。

「8月5日にロシアの国営テレビで国防専門家のイーゴリ・コロチェンコ氏が『10万人の北朝鮮義勇兵がウクライナに来て紛争に参加する準備ができている』と発言していました。コメントの正確性については検証が必要ですが、仮に北朝鮮のエリート部隊である特殊部隊10万人が参戦すれば、人手不足にあえぐロシアは大いに助かるはずです」

 とはいえ、戦いの最前線に配置されるわけではないようで‥‥、

「復興活動と警備要員に充てられる見込みです。ロシア軍はチェチェンやシリアから義勇兵を動員していますが、もし、北朝鮮の正規軍を戦地に配置した場合、NATOも対策を取り、戦争のフェイズが1段階上がり、ロシア&北朝鮮vsウクライナ&NATOの構図へと発展する可能性があります。そのため、北朝鮮からの援軍は後方支援に充てられることが考えられます」(二見氏)

 さらなる後方支援の一環か。9月5日の米紙「ニューヨーク・タイムズ」では、ロシアが北朝鮮から砲弾とロケット弾を数百万発購入しているとも報じられている。

「戦争が長期化して砲弾が不足するのも不思議ではありません。通常の戦闘部隊は、1個師団(約1万人)で1日あたり2000トンの物資が必要になります。そのうち9割の1800トンを弾薬が占めている。仮に陸軍の半分にあたる14万人分を用意するならば、単純計算で1日で2万5200トン、1カ月で約75万トンの砲弾が必要になります」(二見氏)

 ロシアにとって悩ましいことに、砲弾の数は実際の消費量以上に減少しているという。二見氏が続ける。

「備蓄が最大2000万発あると言われていましたが、その量は想定より少ないかもしれません。というのも、各地のロシア軍の戦闘部隊の弾薬置場、部隊に配分するために設置する弾薬集積所、さらに後方に位置して大量の弾薬を保管する弾薬庫をウクライナ軍の『HIMARS』などから発射されるロケット弾により、連日破壊されているからです。北朝鮮で使用している火砲は旧ソ連製がベースになっているため、砲弾であればロシア軍でも使用可能。ちなみに、152ミリ砲弾と122ミリロケット弾を購入するという米国メディアの報道もあります」

 一方、22日に北朝鮮は朝鮮中央通信に国防省の装備総局副総局長の「ロシアへ武器や弾薬を輸出したことはなく今後もそうした計画はない」という談話を掲載。きっぱり否定していたのだが、軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は言う。

「現段階で、北朝鮮で製造された砲弾やロケット弾が使用されたという情報はありません。ですが、米国メディアの情報源にあたる米当局が発信する情報の精度は侮れません。7月頃、イランがロシアにドローンを提供するという真偽不明の情報が発信されましたが、のちに使用が確認されている。北朝鮮の砲弾についても限りなくクロに近いグレーであると考えられます」

 火のない所に煙は立たないのである。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」
5
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」