スポーツ

ヤクルト・村上宗隆「ホームラン足踏み」状態をはるか前に予言していた野球解説者の「経験談」

「55本、王さんと並んで止まるでしょう」

 9月13日に55号を放って以降、12試合53打席ノーアーチ(9月29日時点)と、足踏み状態が続くヤクルト・村上宗隆。これを早くから予言していたのが、野球解説者の斎藤雅樹氏だった。

 斎藤氏が槙原寛己氏のYouTubeチャンネル〈ミスターパーフェクト槙原〉に登場し、冒頭の発言をしたのは9月29日。だが驚くべきは、収録されたのが9月5日だったことである。

 収録前日の9月4日、村上は中日戦で51号2ランを放っていた。バレンティンが13年にマークした60本塁打の記録更新も夢ではないと、燕ファン、野球ファンが大いに盛り上がっていた時だ。

 村上の状況をズバリ言い当てた斎藤氏は、阪神のバースが54本塁打を記録した85年を振り返る。この時点で、王貞治の55本塁打がプロ野球記録だったのだが、

「(巨人VS阪神の)最終戦、ボク先発だったんですよ。(バースに)2打席フォアボールですよ。そうしたら、阪神ファンがブーブー言うわけですよ。それで3打席目にヤーッてストライク投げちゃったら、カーンってヒット打たれて、危ねぇ危ねぇって」

 当時、巨人の指揮を執っていたのは、記録保持者の王監督。目の前で記録に並ばせるわけにはいかないと、綿密なミーティングの上、無双状態のバースとの勝負回避もやむなし、だったという。

 翻って、村上はどうかといえば、あの時のバースのように、あからさまに勝負を避けられているということはないにせよ、問題は「世界の王」に並んだプレッシャー。村上自身はリーグ優勝決定後のインタビューで「メディアの皆さん、どんどんプレッシャーをかけて下さい」と言い放っていたが、このところの不振を見ると、実際の心境はどうだったのか、と慮ってしまうのだ。はたして、最終成績はどうなるのか──。

(所ひで/ユーチューブライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    まだそんなに料金払ってるの? 今さら聞けない光回線カンタン乗り換え術

    Sponsored
    231550

    「も~、うちのネット回線ってマジ遅いんだけど?ホントに光なの?」今年、大学受験を控える娘がプリプリした態度で怒鳴り込んできた。自室で受講していたオンライン塾の画面がフリーズしたという。M氏(51歳)は、妻と共働きで、高3の娘、中学2年になる…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「日本サッカー界の恩人」がW杯特番に呼ばれなくなったワケ
2
鎌田がキレて久保は欠場…W杯サッカー日本代表に起きている「異変」
3
体調悪化の渡辺徹を強引に引っ張り出した秋田大学の「致命的ミス」
4
オリックス・森友哉「巨人拒否発言」に原辰徳監督が「ナメてんのか」憤慨…これは来季の「遺恨対決」だ
5
サッカー柴崎岳の妻・真野恵里菜「撮影自粛願い」が招いた「オウンゴールな評判」